Q

目の下のたるみの原因と改善方法とは?

年齢とともに、目の下のたるみが気になってきました。少し前までは目元のメイクをしていても何とも思わなかったのに、最近は涙袋の部分が大きくなってきた気がするんです。たるみはどうしてできるのでしょうか?たるみをとる方法を教えてください。

専門家からの回答
目の下のたるみは、加齢や生活習慣が原因。皮膚が薄くデリケートな部位なので、ケアはやさしく行いましょう。
3行でまとめると?
  • 目の周りの皮膚や筋肉が衰えると、目の下にたるみができる
  • たるみができる主な原因は、加齢・生活習慣によるダメージ
  • マッサージやエクササイズ、エイジングコスメでやさしくケアを

目次

目の下のたるみとは?

人に会うと、まず目が行くのは顔。その顔のなかでも、特に視線が集まりやすいのが目元です。そんな、目の下は美容のお悩みも多い部位。目を合わせながら話しをするときに、自分の目の下のたるみが気になってしまう…なんていうことはありませんか?

目の下に袋ができたようになるたるみは、加齢とともに多く見られるお悩み。目元は、人間の体のなかでも特にたるみやすい部位なのです。目の下がたるんだ顔は老けて見えるし、口元のたるみと一緒になると、まるでブルドッグ!?このたるみ、なんとか改善できる方法はあるのでしょうか…?

目の下のたるみができる原因とは?

目の下のたるみは、同じ年齢であっても個人差が大きく見られるもの。一般的に、目が大きい人、目の下に脂肪が多くはれぼったい人は、目の下のたるみが早く現れやすいといわれています。
顔の印象を変えてしまう、目の下のたるみはなぜできるのでしょうか?

目の下の皮膚と筋肉の衰え

目元には、目を守るためのクッションのような「眼窩脂肪(がんかしぼう)」というやわらかい脂肪があり、それを眼輪筋(がんりんきん)というまぶたの筋肉が支えています。その筋肉が衰えて周りの脂肪を支えきれなくなると、目の下のたるみとなって現れてしまいます。

また、外側のまぶたは、人間の体のなかでは最も皮膚が薄く、皮脂腺が少ないため、乾燥しやすいという特徴があります。肌は乾燥するとハリや弾力を失うため、目の下のたるみの原因となるのです。

筋肉が衰える原因はさまざま
目元の皮膚や筋肉が衰え、目の下がたるんでしまう原因はさまざまです。

たとえば、加齢によるハリの低下、表情を動かさないことなどによる筋肉の衰え。また、スマートフォンやパソコンの見過ぎも、知らず知らずのうちに目元に疲れを与えています。このダメージが蓄積すると、20代であっても目の下のたるみを引き起こすことがあるので要注意。
ほか、「ものを見るときに目を細める」といった習慣も、目の下のたるみを早めてしまう原因になります。

目の下のたるみの改善方法…?

加齢や、日々のダメージの蓄積によって引き起こされる目の下のたるみ。このたるみをとるために、今日からできる方法をご紹介します。

リンパマッサージ

リンパマッサージで、脂肪や老廃物を流せばすっきり目元に。目の周りはデリケートなので、触れるときはクリームなどを塗り、力を抜いてやさしく行うことを心がけて!

目元のエクササイズ

目をギュッと閉じてパッと開く、目を上下左右に動かすなど、目元を積極的に動かして眼輪筋を鍛えます。筋肉の衰えを防ぐエクササイズは、たるみ解消に効果あり!

化粧品でエイジングケア

深刻な衰えを感じる前に、エイジングケアをはじめるのも大切なポイント。乾燥しやすい目元に、たっぷりのうるおいを与えてくれる保湿アイテムを投入してみずみずしくリフトアップ!

意外なことに、男性からのお悩みも多いという目の下のたるみ。目元は、それだけ見た目の印象に大きく関わっているわけですね。まばたきの繰り返しで乾燥しやすい部分なので、保湿は年間を通して入念に行ってくださいね!

私がお答えしました

皮膚科医 小林智子
「ドクターレシピ」にて医師が監修するレシピを紹介。自身の経験を活かして、スキンケアをお手伝いいたします。

この記事をシェアする