18.12.19

Q

ブースター化粧品とは?ブースターの役割と効果

30代を迎え、本当に効くスキンケアを求めて情報集めにいそしむ日々です。そこで最近気になっているのが、「ブースター化粧品」。ブースター化粧品って、どういうアイテムのことでしょうか?使うと、どんな効果があるのですか?

専門家からの回答
ブースター化粧品とは、次に使う化粧水などの浸透を助けてくれる基礎化粧品のこと。より高いうるおい効果を求める肌に、特におすすめのアイテムですよ。
3行でまとめると?
  • ブースター化粧品とは、次に使う化粧品の浸透を助けてくれる基礎化粧品のこと
  • 特に年齢肌には、うるおいや美容成分を届けやすくする準備が必要
  • 汚れや皮脂を取り去り、化粧水の浸透感を高める「ブースター洗顔」が効果的

目次

「ブースター化粧品」とは?

最近、美容雑誌などでよく見かける「ブースター化粧品」という言葉。「boost=後押しする」という意味の通り、化粧水などの浸透を助けてくれる先行アイテムのことを、こう呼びます。

ブースター化粧品としてよく知られているのは、「導入液」と呼ばれる美容液。化粧水の前につけると、化粧水の美容成分が肌に浸透するのを助けてくれるもので、より充実したうるおいを実感できると人気があります。

ところで、なぜこうしたブースター化粧品によるケアが必要なのかというと、年齢を重ねた肌にはうるおいや美容成分が浸透しにくいから。どんなに優秀な化粧水やクリームも、肌にきちんと届かなければ十分な効果は得られません。

30代・40代に差し掛かって、「いつものスキンケアに効果が感じられなくなってきた…」と思ったら、まず肌の「受け入れ準備」を高める、ブースターケアを意識してみましょう。

30代・40代は、洗顔から見直しを!

30代・40代のブースターケアとして注目したいのは、スキンケアのプレ段階にあたる洗顔。不要な汚れや皮脂を洗い流し、肌をクリアにすることで、スキンケアの効果を高めるのが洗顔の役割です。

ところが、30代・40代になると、普通に洗うだけではケア不足。ターンオーバー(新陳代謝)が遅れて古い角質が残りがちな上、うるおい不足を皮脂で補うようになるので、「毛穴詰まり」「くすみ※1」を抱えやすくなっているからです。

これらを一掃して、肌の受け入れ準備を万全に整えることが、本当に大人に必要な洗顔なのです。

オルビスユーの「ブースター洗顔」って?

汚れやくすみにブロックされて、スキンケアの効果を感じにくい…。そんな年齢肌に向けて生まれた「オルビスユー ウォッシュ」は、肌の汚れをすっきりクリアに洗い上げ、うるおいを残し、更に化粧水を肌へ引き込む準備をする、まさに新発想の「ブースター洗顔」。

モロッコ溶岩クレイが、毛穴に詰まった汚れや皮脂をしっかり吸着してくれるから、くすみ感のない透明な素肌に。さらに、うるおいを肌へと引き込む「ハイドロキャッチ成分※2」が、次に使う化粧水の浸透感も高めてくれます。

まず、顔と手を水かぬるま湯ですすぎ、「オルビスユー ウォッシュ」を1㎝ほど手のひらに取ります。水かぬるま湯を加えて、たっぷりとキメ細かな泡を作ってから、顔の中心から外側へと泡を転がすようにやさしく洗いましょう。最後に、人肌程度のぬるま湯で十分に洗い流します。泡が残りやすいフェイスラインや小鼻、生え際は、特に念入りにすすいで。

こうして肌の受け入れ準備が整えば、いつものスキンケアもうるおい実感がアップするはず!化粧品ジプシーに陥ってしまう前に、まずブースターケアで肌の基本状態を整えてみてくださいね。

※1 乾燥やキメの乱れによるくすみ
※2 ポリクオタニウム-7=保湿成分

私がお答えしました

皮膚科医 小林智子
「ドクターレシピ」にて医師が監修するレシピを紹介。自身の経験を活かして、スキンケアをお手伝いいたします。

この記事をシェアする