Q

PMSで病院にかかるのってどうなの?診察を受けるメリットとは?

PMSの症状がひどく、生理前になると鬱のような状態になってしまったり、周りに当たり散らしてしまったりすることがあります。病院に行った方がいいのかなと思うのですが、PMSで病院に行くなんて…と思い躊躇しています。PMSで病院にかかってもいいのでしょうか?

専門家からの回答
PMSが日常生活に支障をきたしたり、セルフケアでも楽にならないような場合は、病院で診察を受けましょう。
3行でまとめると?
  • PMSが日常生活に支障をきたすような場合は我慢せずに受診を
  • 病院ではPMSのどんな症状がいつ出るかなどを詳細に問診
  • 受診して自分に合ったPMSの改善方法を一緒に探していこう

PMSがどれぐらいひどいと病院にかかるべき?

PMSとは?
生理が始まる3~10日前にあらわれる身体的・精神的症状である「月経前症候群(Premenstrual Syndrome:PMS)」。

症状に種類や程度の差こそあれ、生理前に何らかの不調を感じている女性は実に8割にものぼると言われています。

カラダの面では、ニキビや便秘、むくみ、乳房の張り、下腹部の重だるさ、腰痛など。
ココロの面ではイライラ、落ち込み、ゆううつ感、集中力の低下などがよく見られます。

特に最近では、「普段なら何でもないことに無性に腹を立ててしまう」「わけもなく悲しくなって涙が出てくる」「人に会いたくなくなって家に引きこもってしまう」など、ココロの不調に悩む女性が増えてきているようです。

生理前に起こるこれらの症状は、一般的に生理が始まるとともに消失したり、軽減されていきます。生理前にイライラしてパートナーや子供に当たり散らしたりしたことを、生理が始まると後悔して自己嫌悪に陥ってしまう人も少なくありません。

PMSがつらい場合は受診しよう
毎月やってくるこれらの不調を、以前は我慢しながらやり過ごす人も多かったのですが、最近ではPMSの認知度も高くなり、症状の改善を求めて医療機関を受診される女性も増えてきました。

仕事や人間関係に支障をきたしてしまうこともあるPMS。症状がつらく、日常生活に支障をきたしたり、セルフケアでも楽にならないような場合は、我慢しないで受診して相談しましょう。

PMSで受診する場合の病院へのかかりかたとは?

PMSの症状がつらいときは、婦人科を受診しましょう。

婦人科ではどんなことを聞かれる?
婦人科の問診では、具体的に
・どんな症状が
・生理前のいつごろから
・どのくらいの期間
・どの程度起こるのか

また、つらいのはおもに
・下腹部痛や腰痛など身体的症状なのか
・イライラや落ち込みなど精神的症状なのか
・仕事がいつものようにできない、人と口論をしてしまう、など社会的症状なのか
など、詳細に聞かれます。

また、症状を悪化させる要因がないかどうか、生活習慣や環境などライフスタイルについても問診したうえで、個人個人に合った治療を行っていきます。

PMSで受診したらどんなことをするの?

PMSを悪化させる問題点を洗い出す
PMSの治療としては、まず個人のバックグラウンドを踏まえて日常生活の見直しを行い、問題点を洗い出します。

不規則な生活や睡眠不足、食生活の偏りなど、日常生活のなかでPMSを悪化させるような要因がある場合は、それらを改善するための具体的なアドバイスを得られます。

出ている症状に対する解消法を考える
また、
・便秘に対しては食物繊維をしっかり摂るようにする
・むくみに対しては塩分を控え、体を冷やさないようにし、マッサージをする
・にきびには、皮脂の過剰な分泌を抑えるために動物性の脂肪の摂取を控え、ビタミンB群やビタミンCをしっかり摂取するようにする
…など、自分に起こる症状に対する具体的な解消法を一緒に考えることができます。

薬物療法
日常生活でのセルフケアで症状が改善しない場合は、薬物療法を行います。

薬物療法には、
・頭痛に対して鎮痛剤を内服するなどの対症療法
・体質改善を目的とする漢方薬
・女性ホルモンのバランスを整える低用量ピル
などがあり、サプリメントを用いることもあります。

受診でPMS改善のヒントを得よう
仕事にプライベートに忙しく、ストレスフルな現代女性は、とかくPMSに振り回されがちです。PMSがストレスとなり、ストレスがさらにPMSを悪化させてしまうという悪循環に陥ってしまうことも。

PMSの不快な症状は、日々の生活の工夫によって改善することは可能ですし、受診をすることによってそれらのヒントを得ることができます。

「PMSは病気じゃないんだし、仕方がない…」などと我慢しないで、日々のセルフケアや治療を通して、PMSに振り回されずに毎日をイキイキと健康的に過ごせるようにしたいものですね。

この記事をシェアする

私がお答えしました

婦人科医 松村圭子
成城松村クリニック院長。女性の生涯に寄り添い、女性に起こりやすい不調の悩みにわかりやすくお答えいたします。

関連する記事