Q

生理前の肌荒れ時に気をつけたいメイク方法とは

生理前になるといつも肌荒れを起こします。できるだけ肌を清潔に保ちたいものの、仕事柄メイクは欠かせません。ニキビができてしまった時や肌荒れしてしまった時にも普段と同じようなメイクをして大丈夫なのでしょうか?また、ニキビ肌や肌荒れにおすすめのメイク方法などがあれば教えてください。

専門家からの回答
生理前は刺激の少ないシンプルなメイクとケアを心がけましょう。
3行でまとめると?
  • 生理前はホルモンバランスのせいで肌が荒れやすい
  • 生理前のメイクはシンプルに、刺激を少なく
  • 生理前はメイクを落とす時も刺激を最小限に

生理前はホルモンバランスの変化によって肌が荒れやすい

女性ホルモンは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2つのホルモンに分けられます。この2つのホルモンのバランスが生理周期にあわせて変化するため、女性の肌の状態は生理周期にあわせて大きく変わります。

生理後~排卵まで
生理終了から排卵までは、卵胞ホルモンの分泌が増えます。 このホルモンは、コラーゲンの生成を促し、皮脂の分泌を抑え、バリア機能を高めます。そのため、外的刺激にも影響されにくく、肌の状態が整います。

排卵~生理まで
排卵日以降は卵胞ホルモンが減って黄体ホルモンの分泌が増えます。
黄体ホルモンが増えると皮脂分泌が増えるため、毛穴が詰まりやすく、ニキビができやすくなります。また皮膚のバリア機能が低下し、刺激に弱くなるため、乾燥、かぶれなども起こりやすくなったり、肌が荒れやすくなります。

生理前、メイクをする時の注意点とは

メイク前の準備
生理前は黄体ホルモンの分泌が増えるため、皮膚のバリア機能が低下し、肌は外的刺激に弱くなります。メイクをする時は、なるべく軽めのメイクにし、肌への負担を軽くするよう心がけましょう。

あまりに肌が敏感な時は、敏感肌用のメイクアップ化粧品を選ぶとよいでしょう。メイクアップの前にはしっかりと保湿をすることが大切です。ただし、黄体ホルモンの影響で皮脂分泌も増えるため、ニキビができやすい人は油分の多いクリームは控えた方がよいでしょう。

メイクの注意点
メイクをする時はなるべくシンプルにし、こする、触る、塗る、というような肌に刺激を与える行為は極力減らしましょう。

パフやスポンジ、ブラシなどは柔らかめで、刺激の少ないメイクアイテムをチョイスします。

ファンデーションは軽めに塗りましょう。また、リキッドタイプのファンデーションよりも、パウダータイプのファンデーションの方が肌に浸透しにくいため、刺激が少ない傾向があります。

アイメイクは塗る時に刺激を与えやすいため、肌が敏感な時はなるべく避けましょう。

また、紫外線対策は1年を通して忘れずに行ってください。夏以外の季節や屋内、曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいます。

生理前、メイクを落とす時の注意点とは

生理前は皮膚のバリア機能が低下し、肌が敏感な状態になっています。メイクをしていると汗や皮脂などが皮膚の表面にたまって刺激になりやすいため、 帰宅したらなるべく早くメイクを落としてください。

クレンジング
メイクを落とす時は、なるべく刺激の少ないクレンジング剤を選びましょう。ゴシゴシこすらずに、クレンジング剤を肌になじませてメイクを浮かせ、さっと洗い流すようにしてください。

クレンジングの方法としては、シートタイプやクレンジング剤をコットンにつけてメイクを拭き取るタイプのものはおすすめできません。これらは肌に大きな摩擦を与えてしまいます。

また、界面活性剤が多く含まれたクレンジング剤は、汚れとともに必要な皮脂まで奪ってしまいます。生理前で肌が敏感な時は、洗浄力の強すぎるクレンジング剤は避けた方がよいでしょう。肌に強い刺激を与えないためにも、落としにくいメイクは控えて、なるべく軽いメイクにすることが大切です。

洗顔
クレンジングをした後、洗顔する時には熱いお湯は避け、ぬるま湯で洗いましょう。強くこすったり、洗顔ブラシやスクラブ洗顔などを使用しないようにしましょう。

洗顔後はよく顔をすすぎ、タオルで顔を拭く時も肌をこすらないよう、柔らかいタオルで顔を軽く押さえます。

また、髪の毛の生え際や顎は洗い残りが多くなりがちなので、しっかりすすぐようにしましょう。

保湿
洗顔後のスキンケアでは、保湿をしっかりすることが大切です。 手のひらを使い化粧水で顔全体を軽く押さえましょう。水分を補った後は、肌が乾燥しないよう美容液やクリームで保湿をします。肌のコンディションや季節に合わせて量や種類を使い分けるとよいでしょう。

この記事をシェアする

私がお答えしました

皮膚科医 山田美奈
四谷三丁目皮膚科院長。皮膚科の専門医としてのアドバイスを通じ、女性が肌に自信を持てるよう、お手伝いをいたします。

関連する記事