Q

生理が始まると肌がきれいになる?生理前に肌が荒れる理由とは?

普段はあまり肌荒れを起こさないのですが、生理前になると肌が荒れ、生理が始まると再びきれいになります。生理周期と肌荒れは関係があるのでしょうか?生理前はどうして肌が荒れるのですか?

専門家からの回答
肌荒れには2つの女性ホルモンが関係しています。生理周期でスキンケアを変えるとよいでしょう。
3行でまとめると?
  • 生理開始日から排卵前日までは卵胞ホルモンのおかげで肌は絶好調!
  • 排卵日以降、角質の抵抗力が弱くなり、皮脂分泌量は増え、生理前は肌が不安定に
  • 生理前の肌荒れを防ぐため、ホルモンの仕組みを知ろう!

生理開始日から排卵前日までは卵胞ホルモンのおかげで肌は絶好調!

肌の調子が安定したり、不安定になったり。そういえば生理の周期に伴ってるような…と感じたことはありませんか?

女性の肌は、生理周期に大きく左右されます。これは、生理周期によって、ホルモンバランスが大きく変わるためです。

女性ホルモンは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2つに分けられます。生理周期によってこの2つのホルモンのバランスが変わるために、肌の状態も変わるのです。

卵胞ホルモンの仕組み
生理が終わってから排卵までは、卵胞ホルモンの分泌が増え、卵胞ホルモンが優位になります。このホルモンは、卵胞を育み、子宮の内膜を厚くして妊娠の準備をします。また、自律神経を安定させます。

皮膚に対してはコラーゲンの生成を促し、皮脂の分泌を抑え、バリア機能を高めます。そのため、生理が終わってから排卵までの期間は外的刺激にも影響されにくく、肌のコンディションが整います。

排卵日以降、角層のバリア機能が弱くなり、皮脂分泌量はアップ・肌が不安定に

排卵日以降は、卵胞ホルモンが減って逆に黄体ホルモンの分泌が増えます。黄体ホルモンの分泌が増えると皮脂分泌が増えるため、毛穴が詰まりやすくなってニキビができやすくなります。

また、排卵日以降は皮膚のバリア機能が低下するため、外的刺激に弱くなったり、乾燥、かぶれなども起こりやすくなるため、肌が荒れやすくなるのです。

生理前のニキビや肌荒れを防ぐため、ホルモンの仕組みを知ろう!

生理周期にあわせたスキンケアを!
このように、生理周期によってホルモンバランスが変わるため、生理前は肌のトラブルが起こりやすくなります。

生理周期をきちんと把握することで、生理周期にあった肌のお手入れができるようになります。生理周期にあった肌のお手入れを心がけることで、生理前のニキビや肌荒れを防ぐケアをしましょう!

生理前・生理中は低刺激のケアを
生理が終わってから排卵までは、卵胞ホルモンの分泌が増えます。しかしながら、排卵から生理期間中は黄体ホルモンが増えるので、肌のバリア機能が落ちて肌がとても敏感になる時期でもあります。

乾燥など、環境の変化にも敏感になり、化粧品のトラブルも起こりやすくなりますので。生理前の時期は低刺激のスキンケアを使用し、保湿のケアをしっかりして、肌トラブルを予防しましょう。

さらに、皮脂分泌が増えてニキビができやすくなりますので、スキンケアはもちろん、生理前はストレスを避け、睡眠を十分に取り、バランスの良い食事を心がけて、ニキビを防ぐ生活を送りましょう。

この記事をシェアする

私がお答えしました

皮膚科医 山田美奈
四谷三丁目皮膚科院長。皮膚科の専門医としてのアドバイスを通じ、女性が肌に自信を持てるよう、お手伝いをいたします。

関連する記事

  • 16.04.06

    ツボでホルモンバランスを整えられる?ホルモンバランスが乱れている時に押したいツボ

    16.04.06

  • 15.04.09

    漫画で知る!生理前ニキビの新事実

    15.04.09