Q

生理前になるといつものスキンケアが合わなくなるのはなぜ?

ずっと愛用している化粧水なのに、ここ数日しみて痛いです。こういうことがたまにあるような気がしていたのですが、よく考えると月に一度、だいたい生理前や生理中になるような…生理と肌の状態とは関係があるのでしょうか?

専門家からの回答
生理周期に伴うホルモンバランスの変化が肌に影響を与えています。
3行でまとめると?
  • 生理前は肌が敏感になる
  • 敏感肌の原因は生理前に分泌される女性ホルモン(プロゲステロン)の影響
  • 敏感肌には低刺激性のスキンケアで保湿を重視

生理前の肌は乱れがち

いつもの化粧品がなぜか合わない
長年愛用してきた化粧水なのに、今日に限ってしみるという経験はありませんか?よくよく考えると、それはそろそろ生理が来る時期に一致していませんか?

女性は生理周期に伴い、イライラしたり、眠気・食欲が増したりと体調が変化すると同時に、肌も敏感になって生理前にいつもの化粧品が合わなくなることがあります。「生理が来ればいつもの調子に戻るから大丈夫」と侮ってはいませんか。

肌に合わないものを使い続けるとニキビができやすくなったり、赤くなったりかゆくなったりして、治らなくなるなどトラブルを起こすことがあるので注意が必要です。

生理前の敏感肌の原因はホルモンバランス

生理前に何が起きている?
女性は生理周期に伴うホルモンバランスの変化が肌にあらわれます。生理前の2週間は黄体期といって女性ホルモンの中でもプロゲステロン(黄体ホルモン)が優位に分泌されます。このホルモンは皮脂の分泌を盛んにさせたり、肌を敏感にしたりする ホルモンです。

生理前の肌を整えるために 
ただし生理前に必ず敏感肌になるというわけでもなく、疲れや睡眠不足、ストレスなどが重なると よりホルモンバランスが変化して症状が出やすくなったり強く出たりするものです。日頃から規則正しい生活やストレス解消を心がける のも大切です。

スキンケアは生理前敏感肌にあったケアを

いつものケアを続けるべき?
生理前の敏感肌の時はスキンケア用品、スキンケア方法を変えてみるといいでしょう。いつも使っているものであっても、しみて刺激を感じる場合は生理期間中はお休みをしましょう。

攻めのスキンケアは生理が終わってから
また毛穴のケア、美白やアンチエイジング商品など新しいスキンケア用品を取り入れるのは避けた方が安心です。レーザーやピーリングなどの攻めの施術もこの時期はやめておくのが無難です。

生理前はシンプルケアがおすすめ
生理前2週間の黄体期は保湿中心のシンプルなケア がおすすめです。洗顔・クレンジングはリキッドやクリームのもので、時間をかけすぎないようにしましょう。

基礎化粧品はヒアルロン酸やセラミドを配合にした保湿効果の高いもの、低刺激性のものを選ぶといいですね。

生理前に避けた方がよいのは
皮脂の分泌が盛んになっている時期なので、ファンデーションはパウダーファンデーションを選ぶなど油分を抑えた化粧品を選びましょう。ニキビ肌用の処方になっているものを試すのもいいでしょう。

肌が敏感になっている生理前や生理中は、シミもできやすい時期です。紫外線ケアも忘れずに行う ことが大切。やさしく肌の調子を整えて、少しでも気分よく過ごしたいものですね。

この記事をシェアする

私がお答えしました

皮膚科医 梅田さやか
肌クリニック 表参道皮膚科院長。過去に自身が肌に悩んだ経験を活かし、女性が美しくあるお手伝いをいたします。

関連する記事