Q

生理前の赤いニキビ・肌荒れにも!清上防風湯ってどんな漢方?

毎回生理が近づくと、ニキビや肌荒れがひどくなります。特に赤っぽく炎症を起こす ニキビができやすいです。予防したいと思っているのですが、赤ニキビに効果的な漢方薬はありますか?

専門家からの回答
生理前のニキビや肌荒れには清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)がオススメです。
3行でまとめると?
  • 生理周期で漢方薬の使い分けもできる
  • 体の熱を冷まし、炎症や充血を鎮める
  • 赤ニキビの代表薬である清上防風湯がオススメ

生理前は心も体も不安定になりがち

生理前になると、なぜかイライラしたり、食欲が増したり、甘いものが無性に食べたくなるという話をよく聞きます。

なぜ生理前はアンバランスに?
考えられることはいくつかあるのですが、女性ホルモンの急激なバランスの変動 に、心と体がついていけなくなることが理由のひとつにあげられます。

イライラして周りに当たり散らしたり、かと思えば気持ちが沈んで、不安感に襲われたり、だるくて無性に眠くなったり、人によっては衝動買いをしてしまうといった行動に走る人もいるようです。

こういった生理前のさまざまな症状は、生理がはじまればスーッと消えてしまうのであまり気にしない人も多いのですが、複数の症状を抱えていたり、体質改善を期待したい場合は、漢方薬の力を借りるのもひとつの方法です。

生理周期とともに、肌もカサカサからベタベタに

ところで、生理の前と後では、肌の調子も若干変動するのをご存知でしょうか。これは生理周期にともない、2つの女性ホルモンの分泌量に変動があり、それぞれのホルモンの特徴が異なるためです。

生理後の肌は絶好調
生理中は卵胞ホルモンが一番少ない期間であり、肌の水分量も少なめで、肌が敏感になりやすいとされます。

その後排卵期に向かって卵胞ホルモンが活発になります。子宮の内膜が厚くなり、皮脂分泌もバランスが取れていて、肌の状態は一番落ち着いてきます

排卵後は肌トラブルが起こりやすく
排卵が終わると今度は体温を上げたり、妊娠に向けて水分や栄養を体内にため込もうとする黄体ホルモン の分泌量が増えてきます。そのため、肌は皮脂量が多くなったり、ニキビやシミができやすくなります。

漢方薬は飲み続けることで体質改善につながるといいましたが、生理周期に合わせ、症状などで使用する漢方薬を使い分けるといった方法もあります。

体から熱や毒を出し、ニキビや肌の炎症を鎮める清上防風湯

漢方薬は生理前に起こる内臓の不調や精神的な症状、そしてニキビや肌荒れといった肌トラブルにも用いることができます。

ニキビにオススメの清上防風湯
そこで、赤く腫れたニキビや化膿性の肌疾患にオススメな漢方薬が清上防風湯(せいじょうぼうふうとう) です。

熱や毒を出し、血流をスムーズにする 生薬が配合されている清上防風湯には、ニキビに伴う肌の炎症をおさえてくれる作用があります。

清上防風湯があうタイプの人
日ごろから皮脂分泌が多かったり、赤ら顔で目の充血がある ような、とくに体の上部に熱がこもりやすいタイプ の方にあう処方が清上防風湯となります。清上防風湯は赤ニキビの代表薬でもあります。

便秘がちな人には桃核承気湯
これらの症状に加え、便秘がちな場合には桃核承気湯(とうかくじょうきとう)をチョイスしてみてください。血行不良による生理不順や生理痛にも使える漢方薬です。

このように、漢方では症状だけでなく、その人の体質にあわせて処方します。漢方によるニキビ対策に興味のある方は、専門家医に相談してみてください。

この記事をシェアする

私がお答えしました

漢方&薬膳アドバイザー 杏仁美友
国際中医師、中医薬膳師。女性が美しく、快適に過ごすためのヒントを漢方の視点からご紹介いたします。

関連する記事