Q

生理前、生理中はフラフラする。生理前や生理中に、ふらつきや立ちくらみが起こるのはなぜ?

生理前から生理中にかけて、よく立ちくらみを起こしたりフラフラすることがあります。貧血なのかなと思うのですが、生理前はまだ出血していないのに貧血になるのでしょうか?生理前や生理中のふらつきや立ちくらみの原因について教えてください。

専門家からの回答
生理前や生理中のふらつきは、貧血によるもの以外に低血圧や自律神経失調症の可能性もあります。
3行でまとめると?
  • 月経前や月経中のふらつきは「貧血」によるものとは限らない
  • 月経前のふらつきは自律神経のバランスが悪くなっている可能性が
  • 月経量が多い場合は月経の終わりごろから貧血傾向になる場合も

生理前、生理中のふらつき=貧血とは限りません

月経前や月経中にふらつきや立ちくらみが気になるという人は少なくありませんが、ふらつきの原因が全て貧血のせいとは限りません

貧血が原因のふらつきとは?
健康診断で毎回貧血を指摘されるという場合は、普段から貧血傾向ですからその症状が月経前症候群と重なってひどく出たり、月経中はさらに貧血になって症状が出やすくなる可能性はあります。

また、月経量が多い人は、普段は大丈夫でも月経の終わりごろには貧血になっている場合があります。月経量が多ければ、出血し始めて3~4日目には摂取する鉄分よりも失った血液の方が多くなりますから、貧血になりやすいのです。

貧血でないのにふらつく原因は?
ただ、検査をしても貧血ではないという場合は、ふらつきや立ちくらみの原因は「貧血」ではなく低血圧や自律神経失調症です。

特に月経前は、出血していないわけですから貧血が進むということはあまりありません。むしろ、月経1~2週間前はホルモンの波の影響を受けて自律神経のバランスが乱れやすくなり、めまいや立ちくらみなどの症状が起きることがあります。

貧血の原因は「失う血」が多いから

月経の時期とは関係なく、立ちくらみ・動機・息切れなどの症状があり、血液検査で貧血を指摘さている場合、月経によって失う血が多くて徐々に貧血になっている可能性があります。

もちろん、月経以外にも、胃や腸や肛門からの出血が続いていたり、摂取した鉄分をうまく利用できないような血液の異常があったりしても貧血になりえます。

女性の貧血は生理が主な原因
ただ、女性の貧血の多くは月経が原因となっています。子宮筋腫・子宮腺筋症・内膜ポリープなどによって月経の量が増えたり、卵巣機能の異常で月経周期が短くなるまたは出血期間が長くなることで1ヵ月の中の出血日数が多くなったりしていないかチェックが必要です。

貧血は放置せず受診が必要です

検診で貧血と診断されたら受診を
毎月の月経で少しずつ血液を失って貧血になっていった場合、貧血の進行がゆっくりなため、よほど貧血がひどくならないと自覚症状が出ないことがあります。自覚症状がなくても、健診などで貧血を指摘された場合は念のため受診した方が安心です。

動機・息切れ・立ちくらみなどの自覚症状がある場合は、ただちに内科や婦人科を受診しましょう。

貧血には鉄剤や注射で鉄分補給
貧血の治療は鉄剤の服用または注射です。ただし、月経量が多い場合や度々月経が来る場合、いくら鉄分を補っても月経でどんどん血液を失ってしまいますから十分な治療にはなりません。その場合は、月経量を軽減する治療を行ったり、ホルモン剤で月経周期を整えたりします。

自覚症状がないとつい放置してしまいがちな貧血ですが、適切な対策を取るようにしましょう。

この記事をシェアする

私がお答えしました

産婦人科医 清水なほみ
ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~院長。女性特有の病気を中心に日頃の不調を改善するためのアドバイスをいたします。
生理期間中の貧血にお悩みの
あなたにおすすめの商品

鉄&葉酸(ストロベリー風味)

鉄&葉酸(ストロベリー風味)

おやつ感覚で簡単に鉄分を補給できるストロベリー風味のサプリ。貧血に悩む女性におすすめ!

関連する記事