Q

ホルモンバランスが関係?妊娠初期・妊娠中の敏感肌の原因とは?

先月妊娠が分かって幸せ真っ只中なのですが、最近肌がとても敏感になったような気がしています。体中がかゆくなったり、今まで使っていた化粧品に刺激を感じるようになったり。妊娠中の敏感肌の原因と対処法を教えてください。

専門家からの回答
妊娠するとホルモンバランスの変化で肌が敏感になることが。保湿を心がけましょう。
3行でまとめると?
  • 妊娠すると敏感肌になることがある 
  • 妊娠による敏感肌は、体や生活の変化が一因に
  • 敏感肌のケアはシンプルに、保湿を重点的に

妊娠による敏感肌の原因とは?

「今まで着ていて何ともなかった服が、妊娠したらなんだかチクチクして、かゆくて着られなくなった…」
「髪が触れるだけで肌がかゆい」
「お風呂上りに肌がかゆくてかきむしってしまう」
など、妊娠すると肌が敏感になって、今までにないトラブルに見舞われることがあります。

妊娠によるホルモンバランスの変化
敏感肌の一番の原因となるのは、妊娠によるホルモンバランスの変化です。

生理前に敏感肌を感じる方もいるかと思いますが、これはプロゲステロン(黄体ホルモン)と呼ばれる女性ホルモンの影響で、妊娠すると、このプロゲステロンの分泌が増え、生理前と同じような敏感肌を感じることがあるのです。

妊娠による生活の変化
また、妊娠初期はつわりによる食生活の変化や、睡眠障害、ストレスなども肌に影響を与える一因となります。妊娠初期は体の変化と生活の変化が合わさることで、肌のバリア機能が低下し、肌が敏感になりやすいと言えるでしょう。

妊娠による敏感肌の対策とは?

敏感肌をそのままにしておくと、湿疹が出たり跡になってしまったりすることもあります。肌の変化を感じたら放置せずに、できるだけ早めにケアをしてあげるようにしましょう。

シンプルな保湿ケア
まずはケア方法を見直してみてください。肌が敏感になっている時は、シンプルなケアと十分な保湿が大切です。低刺激性の敏感肌用の基礎化粧品を使用し、いろいろな種類のものをつけるのではなく、なるべくシンプルに化粧水と保湿液でケアするようにしましょう。
保湿して皮膚のバリア機能を整えてあげると、外からのちょっとした刺激にも強くなります。

紫外線対策
メイクは、できれば日焼け止めにパウダーファンデーションだけにするなど、肌に刺激が少ないものを選んでみてください。メイクをしない方が肌にはいいと感じがちですが、ノーメイクだと紫外線による刺激影響を受けやすくなってしまいます。外出時は日焼け止めやパウダーファンデーションを使用したほうがいいでしょう。

ストレスも敏感肌を悪化させる原因になります。あまり悩まずに、妊娠中の自分をケアしていたわってあげようという前向きな気持ちでとらえて乗り切っていきましょう。

編集部からのコメント

その他の対策

梅田先生からの解説によると、
妊娠中の敏感肌は妊娠によるホルモンバランスの変化が原因であり、シンプルなケアや紫外線対策が必要とのことでした。

先生からの解説以外に、妊娠中の敏感肌のためにできるホルモンバランスの整え方についてお話します。

良質な睡眠を取る
妊娠中はつわりなどにより生活リズムが乱れやすくなると思います。しかし、ホルモンバランスを整えるにはできるだけ睡眠や休息を取るようにしたいものです。

良質な睡眠はホルモンバランスを整えるのに大きな役割を果たします。

次のことに注意すると良質な睡眠の手助けになります。
・眠る前のスマホやパソコンなど、強い光を浴びることは避ける
・ゴールデンタイムと呼ばれる午後10時から午前2時の間に睡眠を取る
・眠る前に温かいお風呂に浸かる

リラックスする環境をつくる
また、なにかとストレスの溜まりやすい妊娠時ですが、ストレスをなくしリラックスすることで、ホルモンバランスが整いやすくなります。

リラックスする方法としては、次のようなものがあります。
・ヨガやストレッチなど負担の少ない運動をする
・心地よい音楽を聴いたり、アロマを焚いたりする

以上のことに気を付けることで妊娠中の肌荒れや不調を緩和して、お子さまの誕生を楽しみに過ごしたいものですね!

この記事をシェアする

私がお答えしました

皮膚科医 梅田さやか
肌クリニック 表参道皮膚科院長。過去に自身が肌に悩んだ経験を活かし、女性が美しくあるお手伝いをいたします。

関連する記事