Q

妊娠初期・妊娠中は乾燥肌になりやすい?妊娠中の乾燥肌の原因は?

現在妊娠初期の期間中です。妊娠してから、今までの化粧品だけだと乾燥がおさまらず、何度重ね塗りしても乾いてしまいます。妊娠によって乾燥肌になることってあるのでしょうか?妊娠と乾燥肌の関係について教えてください。

専門家からの回答
妊娠中はホルモンバランスの変化によって、肌が乾燥することがあります。
3行でまとめると?
  • 妊娠すると肌は敏感になり、乾燥することがある
  • 原因の多くは、妊娠を維持するのに大切なプロゲステロン(女性ホルモン)
  • 妊娠時のケアはなるべくシンプルに、保湿に重点を

妊娠が肌にも影響するの?

今まで通りのケアをしているのに急に肌荒れが…。妊娠すると、それまでと同じケアを続けていると肌が荒れてしまうという方は少なくありません。

妊娠中は肌にも大きな変化が
妊娠初期のころは、一見周りからはまだ妊婦とはわからないですが、体内では大きな変化が起きています。その変化のひとつとして肌に影響がでてくることがあるのです。特に乾燥で肌がカサカサしたり、さらには赤くかゆくなってしまったりする方が多いようです。

また「妊娠して老けたな…なんて感じると思ったら、小ジワが増えていた!」なんていう方も。シワが目立ってくる原因には、妊娠による乾燥が関与していることもあるので、肌の変化を感じたら早めにケアをしてあげましょう。

妊娠初期・妊娠中の肌の乾燥の原因は?

生理前の肌荒れの原因ホルモンが増加
女性は生理周期の中で2種類の女性ホルモンが減ったり増えたりしています。妊娠すると体内で赤ちゃんを育てるために、この2種類の女性ホルモンの分泌量が急激に増えます。

特にプロゲステロン(黄体ホルモン)は妊娠を維持するために非常に大切なので、より多く分泌されます。しかし、このプロゲステロンは生理前の肌荒れを起こす原因のホルモンでもあるので、分泌量が急に増える妊娠初期は、乾燥肌など肌荒れが出やすくなるというわけです。

またホルモン以外の妊娠中の肌荒れの原因としては、ストレスやつわりによる食生活の変化、睡眠不足などがあります。ホルモンの変化をはじめ、原因の多くは自分で解消するのは難しいかもしれません。深く悩まず、肌のケアをして自分をいたわってあげるのが一番よいでしょう。

妊娠時の乾燥肌のケア方法

妊娠期の肌はデリケートですので、乾燥肌を感じたらまずはケア方法を見直しましょう。

妊娠中の肌ケアのポイントは?
まず洗うときは、人肌程度のぬるま湯で優しく行ってください。熱めのお湯は必要な油分まで落としてしまい、乾燥肌を招くので避けましょう。

洗顔後はできるだけ早く、たっぷりの保湿化粧水や保湿液、クリームなどで肌を保湿します。ただし妊娠中の肌は敏感なので、なるべくシンプルな製品をおすすめします。香料の強いものは、その匂いでつわりを助長することがあるので控えた方がいいでしょう。

保湿に気をつけていても、かゆみや赤みが消えにくいときは早めに皮膚科医に相談してくださいね。

この記事をシェアする

私がお答えしました

皮膚科医 梅田さやか
肌クリニック 表参道皮膚科院長。過去に自身が肌に悩んだ経験を活かし、女性が美しくあるお手伝いをいたします。

関連する記事