Q

妊娠で肌が変化!?妊娠中はこんな肌トラブルが起こるかも

先日妊娠が発覚し、妊娠中に関する情報を色々と集めています。その中で、妊娠中は様々な肌トラブルが起こることがあるということを聞きました。私は今まであまり肌悩みがなかったので、少し不安です。妊娠中はどんな肌トラブルが起こるのか知りたいです。

専門家からの回答
妊娠中はホルモンバランスの変化によって、肌荒れや乾燥、色素沈着などが起こることがあります。
3行でまとめると?
  • 妊娠によって肌トラブルが起こることがある
  • 妊娠によりニキビ、皮膚の乾燥、色素沈着、シミができやすくなる
  • 肌トラブルの多くの原因は妊娠に伴うホルモンの変化にある

妊娠では心も体も変化

妊娠…それは女性にとって、人生が劇的に変化する出来事と言えるでしょう。生まれてくる赤ちゃんを思うと何とも言葉で言い表せない幸福感に包まれる一方、初めての体調の変化に戸惑い、これからの生活の変化に不安になることもあります。

情緒不安定になるなど心の変化や、便秘・つわりなどは妊娠にまつわる体の変化として有名ですが、肌にも今までなかったようなトラブルが起こることがあります。妊娠期の肌トラブルは多くの人が経験することです。正しい知識を身に着けて乗り越えていきましょう。

妊娠による肌トラブルってどんなトラブル?

妊娠期には肌が敏感になり、ニキビができやすくなったかと思えば、皮膚が乾燥してかゆみがでることもあります。肌の変化を感じたら、対処は早めに、保湿を心がけ、なるべくシンプルなケアをするようにしましょう。

シミまで!?妊娠中は紫外線ケアもしっかりと
またワキや乳頭、陰部などもともと皮膚の色味が濃い部分が、より濃さを増したと感じられる方も多いことでしょう。これはほとんどの妊婦さんが経験するといわれ、妊娠で起こるごく一般的な肌の変化です。中にはホクロが新しくできたり、大きく濃くなったりする人、頬や額に妊娠性肝斑と言われるシミがでてくる人もいます。

出産すると色素沈着やシミは少しずつ薄くなりますが、シミについては紫外線ケアを妊娠中もしっかり行いましょう。産後、気になる方は皮膚科で相談してみるのもいいでしょう。

妊娠による肌トラブルの原因は?

敏感肌やニキビ、色素沈着などこれらの肌トラブルの原因多くは、妊娠に伴うホルモンバランスの変化が大きく関与しています。

ホルモンバランスの変化で肌も変化する
妊娠すると、エストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンの分泌量が、妊娠状態の維持のために急激に増えます。また胎盤などから他のホルモンも分泌され始めます。妊娠していない時と比べホルモン分泌の量が変化することで、体内のホルモンバランスが変化するのです。

これらのホルモンバランスの変化は肌の水分量に影響するため、肌は敏感になり乾燥しやすくなったり、皮脂腺を刺激して皮脂の分泌を促し、ニキビができやすくなったりします。またメラノサイトという色素をつくる細胞に働き、色素沈着やシミをつくりやすくします。

産後にホルモンバランスがもとに戻ると、肌トラブルは解消されることも多いですが、ケアを怠ると痕になったり産後も長引いたりすることがあるので、正しいケアで美肌を保ちましょう。

この記事をシェアする

私がお答えしました

皮膚科医 梅田さやか
肌クリニック 表参道皮膚科院長。過去に自身が肌に悩んだ経験を活かし、女性が美しくあるお手伝いをいたします。

関連する記事