Q

生理前、生理中になるとできる胸のニキビの治し方は?

最近、生理が近づくと胸にポツポツとニキビができるようになってしまいました。胸元の空いた洋服だと目立ってしまい、気になります。生理前、生理中の胸のニキビはどのような原因が考えられるのでしょうか?また胸のニキビの治し方についても教えてください。

専門家からの回答
皮膚科医 梅田さやか
生理前のホルモンバランスによって、ニキビは胸元にできる場合もあります。
3行でまとめると?
  • 黄体ホルモンによって生理前、生理中に胸ニキビができやすい
  • ストレスや生活習慣、外的刺激により胸ニキビができやすい
  • 胸もとの洗い方、着るものにも注意する

目次

胸のニキビに女性ホルモンが関係ある?!

女性ホルモンのうち、排卵から生理前半までに活発となる黄体ホルモンは、皮脂の分泌を増やします。皮脂は毛穴を通じて皮脂腺から分泌します。皮脂腺の分泌の多い場所(脂漏部位)は決まっていて、顔以外に背中や胸がこの部位にあたります。このため、黄体ホルモンの増える生理前、生理中は顔のみならず、胸や背中にも皮脂の分泌が増えてニキビができやすくなるのです。

また黄体ホルモンは皮脂の分泌を増やす以外にも、体をむくませたり、イライラさせたりする作用があり、生理前や生理中は、肌がいつもより敏感になる傾向があります。胸は衣類や下着が直接あたる部分なので、敏感な肌には刺激になり、ニキビを悪化させることがあります。

不規則な生活も胸のニキビに影響

胸に大人ニキビができるのは黄体ホルモンの影響だけではありません。大人ニキビの場合は、内的要因としてストレスや生活習慣の乱れも関与してきます。ストレスや睡眠不足、不規則な食生活などによって女性ホルモンだけでなく体内のホルモンのバランスが乱れて、皮膚の角質が厚くなったり、皮脂の分泌が増したりしてニキビのできやすい肌質になってしまいます。

また外的要因としてシャンプー・リンスの洗い残しや、通気性の悪い下着や衣服がニキビの原因となることもあります。

日常生活でできる事から胸のニキビを改善しよう!

胸のニキビも顔のニキビと同じく、皮膚表面の角質が厚くなり、皮脂が過剰に分泌されることで毛穴がつまり、ニキビができます。胸元を清潔に保つようにして、角質ケアをするのが大切です。

毎日体を洗う石鹸をピーリング石鹸にしてみるのもいいでしょう。胸元の洗い残しがないように、洗う順番を考えて、先に洗髪をして最後に体を洗うとよいでしょう。お風呂上がりには顔用に使っている化粧水でもいいので保湿するのを忘れずに。

また胸ニキビができているときは、化学繊維の洋服や下着はさけて、肌にやさしく、汗を吸収してくれやすい綿素材のものを着るようにしましょう。もちろん胸の大人ニキビにはストレス解消や生活改善が大切です。それでも胸ニキビがたくさんできたり、かゆみを伴ってきたりしたときには皮膚科で相談してください。

この記事をシェアする

私がお答えしました

皮膚科医 梅田さやか
肌クリニック 表参道皮膚科院長。過去に自身が肌に悩んだ経験を活かし、女性が美しくあるお手伝いをいたします。

関連する記事

  • 15.04.09

    生理前にできるニキビの原因は○○だった!

    15.04.09

  • 15.07.01

    ダイエット中に生理になった時の心構えとは?

    15.07.01