Q

肩こりが生理前にひどくなるのはなぜ?考えられる原因と具体的な対処方法を紹介

生理前や生理中になると、肩がこって辛いときが多くなります。生理期間のひどい肩こりにはどのような原因があるのでしょうか?また肩こりの対処法を教えてください。

専門家からの回答
普段から運動を心がけ、血の流れをよくしておきましょう。生理前に特に悪くなる場合は、月経前症候群(PMS)の可能性もあります。不調が続くようであれば、病院への受診を。
3行でまとめると?
  • 生理前の肩こりは「月経前症候群」の症状の可能性も
  • 日ごろの運動不足が影響している場合もある
  • 症状を軽くする方法としてピルや漢方が有効

肩こりと生理の関係って?

女性の体に周期的にやってくる月経(生理)には、体内にある卵胞ホルモンと黄体ホルモンと呼ばれる2つの女性ホルモンが大きく関わっています。生理の起きる周期の間に、この女性ホルモンの分泌バランスが変わることで、生理時の女性の体には、さまざまな不調が訪れることがあります。

生理時に起きる身体の不調は、吐き気や頭痛や腰痛といった生理痛と呼ばれるもの、不安やイライラなどの精神的なもの、過度な眠気や便秘などと、多岐にわたります。意外と見過ごしがちなのが、肩こりも生理時に起こる不調の1つであるということ。

※「生理」は医学的には「月経」と言いますが、ここでは以下、一般的になじみの深い「生理」という表記に統一いたします。

生理前の肩こりは「月経前症候群(PMS)」が原因かも

生理前に肩こりが起きる場合、月経前症候群(PMS)としての症状が出ている可能性があります。生理前の不調が特に悪くなったものを月経前症候群と呼び、その症状の一つとして、肩こりや目の疲労が起きることがあります。また、もともと低血圧傾向や血行不良がある方の場合は、黄体ホルモンの影響でむくみや血行不良が起きやすくなり、水分代謝や血流が滞って肩こりの状態が悪化する可能性があります。

もともと肩こりになりやすい人は運動不足の可能性も

もともと肩や首がこりやすい人は、運動不足や姿勢の悪さが原因で症状が出ている可能性もあります。生理時は、腹痛や腰痛がどちらも出やすいので、快調時に比べるとアクティブに動きにくくなります。そのため、さらに運動不足になりやすく、肩こりも悪化しやすい傾向にあります。

日ごろから、ストレッチやヨガなどの軽い運動の習慣をつけておくとよいでしょう。また、肩こりが姿勢の悪さやパソコンの使用のせいで起きている場合は、普段の姿勢を見直してみたり、パソコンを使用する時のポジションを工夫してみるのもおすすめです。

肩こりが気になったら、入浴時に熱めのシャワーを勢いよく首から肩周りに当てたり、ホットタオルでその部位を温めるとよいでしょう。また、肩回りを動かすストレッチを、朝・お昼休み・夜寝る前など一定時間ごとに行うのもオススメです。

症状がひどければピルや漢方で改善を

月経前症候群の症状を改善する方法としては、ピルで女性ホルモンの分泌を調整したり、症状が出やすい時期に血行を良くしたり体を温めたりする漢方を服用したりする方法があります。

漢方でよく使われるのは、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさんりょう)や桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)などです。筋肉のコリがあまりにもひどくて、肩こりから頭痛や吐き気が起きてしまう場合は、筋肉を緩める薬を使う場合もあります。ビタミンEは血行を改善させる作用があるため、サプリメントでビタミンをしっかり摂るのもおすすめです。

セルフケアでの改善に不安がある場合は、迷わず婦人科へ受診するようにしましょう。理解のある医者に相談することで、適切な治療を受けることができますし、効果的な改善も期待できます。なかなか他人と比べづらい症状ですが、少しでも不調がある場合は、一度婦人科への受診を検討してみてくださいね。

この記事をシェアする

私がお答えしました

産婦人科医 清水なほみ
ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~院長。女性特有の病気を中心に日頃の不調を改善するためのアドバイスをいたします。
生理期間中の肩こりにお悩みの
あなたにおすすめの商品

ハイセレクトEA

ハイセレクトEA

血行改善のために摂りたいビタミンEと、β-カロテンを高配合したサプリ。α-リポ酸もプラス!

関連する記事