Q

生理前、生理中になると出てくる鬱(うつ)に似た症状と対処法とは?

生理前や生理中になると、急に涙が出てきたり、気分が落ち込んだり、鬱(うつ)っぽい症状になります。普段はこのようなことはないのですが、生理前や生理中にこうつのよう気持ちになるのは、どのような原因が考えられるのでしょうか?また、対処法も教えてください。

専門家からの回答
産婦人科医 清水なほみ
黄体ホルモンの影響で、生理前・生理中にうつの症状が現れる場合があります。
3行でまとめると?
  • 生理前にはホルモンバランスの変化により、心身に影響が起こる
  • ホルモンの影響により、精神的な作用が生理前~生理中に続く人も
  • 生理前の症状に悩んでいる場合は婦人科へ、生理周期に関連していない場合は精神科へ

目次

生理前・生理中に出るさまざまな症状

生理前や生理中にはさまざまな心身の不調が現れる可能性があります。生理中に下腹部痛・腰痛・頭痛・下痢・吐き気などの不調が出る場合、それらを総称して「月経困難症」といいます
月経困難症のうち、特に下腹部や腰に痛みを感じるものが、いわゆる「生理痛」に当たります。

生理前に訪れる不調は、このような月経困難症だけにとどまりません。ここでは生理前、生理中に起こるさまざまな不調や症状をご紹介していきます。

※「生理」は医学的には「月経」といいますが、ここでは以下、一般的になじみの深い「生理」という表記に統一いたします。

生理前、生理中にはさまざまな症状が

排卵後から生理が開始するまでの1~2週間の時期に出る、頭痛・めまい・むくみなどの身体の不調や、気分の落ち込み・イライラ・情緒不安定などの精神の不調のことを「月経前症候群(PMS)」といいます。

月経前症候群はしばしば生活にも支障をきたし、人によっては仕事が手につかなくなる場合も。月経前症候群の症状は非常に多彩で、上記の不調以外にも次のようなものが挙げられます。

[ 身体的な不調 ]
・ニキビや肌荒れ
・腹痛・腰痛・おなかの張り
・吐き気・食欲の減退または増進
・不眠や過眠
・ほてりや発汗
・胸の張り

[ 精神的な不調 ]
・涙もろくなる
・怒りっぽくなる
・普段気にならないことが気になる
・集中力がなくなる
・昔の出来事を思い出す

生理前の不調として、1つまたは2つ以上が上記に当てはまる場合は、この月経前症候群である可能性を疑ってみてください。月経前症候群は、生理が来るとそれらの症状がピタッと治まるのが特徴です。

頭を抱える女性

精神的な不調が重症化するケースも

月経前症候群(PMS)の中でも、特に精神の不調がひどく、その症状が重度化して情緒不安定になる場合を「月経前不快気分障害(PMDD)」といいます。

月経前不快気分障害は、一般的な月経前症候群の精神症状に比べて気分の落ち込みや感情の起伏が激しいという特徴があります。ひどいときには「死にたくなる」「人に対して過度に攻撃的になる」など、自傷・他傷の危険性を伴うことも。

月経前不快気分障害のベースにはうつ病などの精神科的疾患を伴っていることもあり、婦人科的治療よりも精神科的治療が優先して必要になるケースも少なくありません。

生理前、生理中になるとうつっぽくなるのはなぜ?

生理前に心身の不調が出る月経前症候群。それから精神的な不調が悪化した月経前不快気分障害ですが、これらが起こるきっかけや原因には、どのようなものがあるのでしょうか。
気分が落ち込んでうつっぽくなるのは、実は体内の女性ホルモンが関係しています。

ホルモンのアップダウンが影響している

月経前症候群、月経前不快気分障害(PMDD)といった、これらの生理前の不調は、すべて体内のホルモンの影響を受けることで出現します。

よく、「ホルモンバランスが悪いから」月経前症状が出ると勘違いされがちですが、月経前症状はホルモンの「バランス」が悪さをしているからではなく、ホルモンが「上がったり下がったりする」ため、つまり「ホルモンの変動」によって引き起こされるようになります。

女性の心身の状態は、毎月ホルモンの「波」によって目まぐるしく変化していきます。これは卵巣から出る2つのホルモン、「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」が生理周期によって変動するからです。正常な生理周期の人であれば、28~35日くらいの周期で月経期 → 卵胞期 → 排卵期 → 黄体期というサイクルを繰り返していき、周期的にホルモンの上下運動が起きます。詳しく解説しましょう。

ホルモンバランスと生理周期

[ 月経期 ]
卵胞ホルモンも黄体ホルモンも最も低くなる時期で、2つのホルモンが下がることによって子宮内膜がはがれて経血として出てきます。

[ 卵胞期 ]
卵巣のなかで排卵の準備が進んでいく時期で、卵胞ホルモンが徐々に増えていきます。この時期は、まだ黄体ホルモンの値は低くほとんど分泌されていません。生理周期が28日の人であれば、卵胞期の継続期間は7~10日間くらいになりますが、周期が長い人はこの卵胞期が長くなります。

[ 排卵期 ]
脳から排卵の命令が出て卵巣から卵子が飛び出てくる時期で、1~2日の期間しかありません。徐々に増えてきた卵胞ホルモン値が一気に上昇し、その後若干下がります。

[ 黄体期 ]
排卵後から次の生理が来るまでの時期で、妊娠が成立しなければ約14日間で終了します。排卵してから生理が来るまでの期間はほぼ一定のため、生理周期に関係なく黄体期の期間はほぼ2週間です。この時期は卵胞ホルモンも増えていきますが、それ以上に黄体ホルモン値が一気に上昇します。

妊娠していなければ、約10日でホルモンのピークは終わり、その後は徐々に下がっていきます。両方のホルモンが下がり切ると子宮内膜がはがれて生理が起き、「月経期」に戻ります。

卵胞ホルモンの役割・影響とは

卵胞ホルモンは一般的に心身の状態を安定させる作用を持っています。子宮内膜を厚くさせていくという作用のほかにも、次のような作用があります。

・骨を丈夫にする
・肌の調子を整える
・コレステロールや血糖値の上昇を抑える
・脳の働きを助ける
・皮膚や粘膜に潤いを保つ
・抑うつやイライラを抑える
・自律神経のバランスを整える

生理後から排卵までの時期は、この卵胞ホルモンが「増えていく」時期のため、比較的心身の状態が良好であることが多く、抑うつなどの精神症状も出にくくなります。生理周期のなかで、排卵期と黄体期の後半は、いったん増加した卵胞ホルモンが「減っていく」時期になります。この、「卵胞ホルモンが下がる」という現象が、気分の落ち込みや情緒不安定さを引き起こすのです。

黄体ホルモンの役割・影響とは

黄体ホルモンは別名「妊娠のホルモン」といわれ、妊娠を成立&継続させるために非常に重要な働きを持っています。卵胞ホルモンの働きによって厚みが出た子宮内膜を、着床に適した状態に変化させ、妊娠を継続しやすくするのです。 しかし、それ以外にも次のような作用があります。

・体温を上げる
・水分を身体にためる
・胃腸の動きを鈍らせる
・血液をうっ滞させる
・皮脂分泌を促す
・乳腺を発達させる

そのため、むくみ・ダルさ・体重増加・便秘・肩こり・ニキビなど、どちらかというと体調の悪化を招くことになります。

うつむく女性

黄体ホルモンは情緒不安定やイライラなどの精神症状も引き起こすため、排卵後に黄体ホルモンが増えるにつれて、気分が落ち込んだり精神的に不安定になる場合があるのです。

排卵後から月経期まで心身の不調が続く人も

生理前は黄体ホルモンの影響を受けて気分が落ち込みやすくなりますが、生理中も精神症状が継続する場合があります。これは、卵胞ホルモンが下がるため、精神的な安定が得にくくなるためと、月経期の腹痛や腰痛などの身体的負担が情緒不安定さを誘発している可能性が考えられます。

月経前症候群と月経困難症がある人の場合、排卵後から月経期までずっと心身の不調が続き、調子がよいのは卵胞期の約1週間しかない、というケースもあり得ます。

うつになる症状、気分が落ち込む症状の対処方法って?

気分が落ち込む症状に陥る原因は、日常のいたるところに潜んでいます。うつに似た症状になったり、気分が落ち込む期間が続いた場合、どのような対処をするのが良いのでしょうか。その方法をご紹介していきます。

自分の症状を把握する

まずは、自分がいつ気分がひどく落ち込むのか、その時期を確認してみましょう。基礎体温と一緒に心身の症状を記録すると一目瞭然です。
女性の場合は、情緒不安定になったり、うつのような症状になるのが、月経前症候群など生理と連動して起こる症状によるものなのか、もしくは生理周期とは全く無関係に起きているのかを確かめることが大切です。時期をはっきりさせることで、対処する方法も変わっていきます。

生理前に精神的に不安定になりやすい傾向があると感じたら、月経前症候群への対処を心がけます。月経前症候群は排卵後から徐々に症状が出現し、生理が始まるとスッキリと消えていきます。

もしも生理前や生理中だけでなく、生理後も抑うつ症状が出つづけているという場合は、女性ホルモンの変動とは関係のない症状の可能性が高くなります。そういった場合は慢性的なうつ病や不安神経症などの疾病を疑ってみましょう。

また、慢性的に情緒不安定さはあるけれど生理周期に合わせて特にひどくなるという場合も、ベースにうつ状態や不安神経症などの別の疾患があり、それがホルモンの影響を受けて生理前に悪化しているという可能性も考えられます。

気分が落ち込む時期を見分けて、症状を明らかにすると同時に、自分が何らかの「負担である」「何とかしたいけれどどうしようもない」と捉えてしまっているであろう原因を把握しておくことも、同じように大切です。例えば学校での人間関係や、職場での仕事内容など、何が自分にとっての負担となり得るのか、その原因は人によってさまざまです。

ストレスを感じる外的要因を明らかにしておくことで、誰かに相談するときやカウンセリングを受けるときにも、効果的なケアや対策が見つけやすくなるかもしれません。

病院を受診する

記録をつけてみて、はっきりと生理周期との連動性が分かる場合は、婦人科を受診しましょう。
生理周期と関係なく抑うつ症状が出ている場合は、心療内科や精神科で相談してみてください。

治療法は、主に薬物治療とカウンセリングで分けられます。
薬物治療では、気分がふさいだ感じになった時に用いる漢方薬や、抗うつ薬・抗不安薬・睡眠導入剤などを使うこともあります。また、精神症状以外にも生理前の腰痛や腹痛、月経痛などの症状も伴っている場合は、後述する低用量ピルや超低用量ピルが有効です。

ピルとはどんな薬?

ピルを服用することで、月経前症候群や月経前気分障害を軽減するという方法もあります。卵胞ホルモンと黄体ホルモンがバランスよく合成されたホルモン剤であるピルは、毎日一定量を身体に取り込むことによって、脳に「ホルモンが充分出ている」と勘違いさせ、排卵を抑える効果があります。

排卵を抑えることで、生理周期に伴うホルモンの「変動」は起きず、生理前の不調も出にくくなります。また、子宮内膜の厚みを薄くする作用がありますので、生理前の腹痛や腰痛も出にくくなり、生理痛や生理中の経血量も軽くなります。

最近では副作用をできるだけ減らすために、ホルモン量が少ないピルを使うようになってきています。一般に低用量ピルと呼ばれるものは、このホルモン量の少ないピルのことを指します。

薬を飲む女性

また、含まれている黄体ホルモンの種類によって、第1世代から第4世代まで種類があり、どのホルモンが含まれるかによって若干症状の出方が異なる場合があります。
副作用の出方や症状の改善具合は個人差が大きいため、どのピルが「治療に適している」とは一概に判断できず、自分に合ったピルを見つけることが大事です。

ピルの主な副作用は、吐き気・むくみ・頭痛・不正出血などの「マイナートラブル」と呼ばれる症状と、血栓症です。マイナートラブルは、約1割くらいの人に見受けられるものですが、飲み始めに症状が出ることが多く、ほとんどの場合、飲み続けているうちに症状が治まっていきます。そのため、飲み始めて数日間吐き気が気になっても、吐き気止めなどで症状をやり過ごしながら服用を継続していると、段々身体が慣れてきてそれらの症状が気にならなくなっていきます。

片頭痛のある方や喫煙者などはピルを服用することができないケースもあるので、服用する際は1度、産婦人科に受診して医師の指示をあおぐようにしましょう。

精神症状がメインならば抜本的解決を

抗うつ薬や抗不安薬はあくまで出ている症状を「抑えている」だけなので、抜本的解決にはなりません。また、薬の種類によっては依存性がある場合もありますので、これらの薬を服用する場合は「薬を飲みさえすれば楽になる」と思って使うのではなく、「一時的に症状を楽にして抜本的原因と向かい合う」ために使うという認識を持つことが大切でしょう。

自力での解決がどうしても難しい場合、精神的な不安やうつ状態を根本的に解決するためにも、人へ相談することやカウンセリングを受けることがおすすめです。

抑うつ症状の背景にあるものは「ぶつけどころのない怒りや理不尽な思い」です。何らかの不満や怒りを感じながら、それを相手に「ぶつける」ことができず、我慢してため込んでいるとうつ状態になります。生理前に特にその症状が強くなる場合、

・女性としての生き方や対男性への感情
・妊娠出産に対する感情
・母親との関係性や母親が妊娠中に抱えた感情

などと関連して症状が出ている可能性が高く、これらの背景を読み解いていくことが抜本的解決につながります。

とはいえ、重いうつ病の人に比べると、多くの女性が経験する月経前症候群などの精神的な不調の場合は、なかなか人には相談しづらいですよね。

知人や家族に話しても、悩みや辛さをなかなか理解しててもらえれず、軽いものだと思われてしまうかもしれない。そういうときは無理に我慢せず、婦人科か心療内科の先生に相談してみましょう。PMSやPMDDに関して専門知識を持つ医師を選べば、こういった辛さや悩みも良く理解してくれるはずです。

うつ状態がひどいときは、周りの知人や家族に相談するよりも専門知識を持った医師やカウンセラーに相談することをおすすめします。

医師と話す女性

日常生活の見直しでできる改善って?

生理前に訪れる精神の不調は、月経困難症による下腹部や腰の痛みによるストレスや、月経前症候群、月経前不快気分障害によって引き起こされます。これら生理前の不調は、ホルモンのバランスが乱れることによって起こるものです。

ホルモンバランスの乱れは、日常生活の見直しをすることで改善されることもあります。自分で手軽にできる、日頃のストレス解消の方法と合わせて、ご紹介していきます。

食生活の見直し

気分の落ち込みを防ぐ働きを持つ神経伝達物質が「セロトニン」です。このセロトニンの分泌を促す方法としては、次のような方法が挙げられます。

・トリプトファンやビタミンB6を摂取する
・朝日を浴びる
・リズミカルな軽い運動をする

トリプトファンは、豆類や赤身の魚・チーズ・バナナなどに多く含まれる成分です。
ビタミンB6はレバー・鶏肉・マグロ・カツオなどに多く含まれます。これらの食品をうまく摂り入れたり、サプリメントでビタミン・ミネラルを補うとよいでしょう。

バランスのよい食事を取り、早めに起きて朝日をしっかり浴び、ウォーキングやジョギングで1日をスタートする、という生活が「うつ状態」を作りにくい生活といえます。逆に、そのような生活をする「暇がない」と感じているとしたら、それ自体が不調の原因なのです。

ストレスを把握する

自分の中のストレスの原因、自分がどれだけストレスを抱えているかを自覚することが大切です。例えば、仕事や子育てが忙しすぎて自分のペースが乱されると、生活リズムが振り回されている状態になり、ストレスを抱える原因に。ストレスは、ホルモンバランスの乱れにも大きく関わる要素になってしまいます。ただし「ストレス」という物質や物体は存在しません。自分にとって「ストレス」だと思っていたものの正体が何なのかを細かく見ていくことが必要なのです。

時間の使い方、仕事の分量や家事や子育ての負担も、自分のコントロール下にある状態であることが、ストレスフリーにつながるための近道です。
目が回るほど忙しかったり、睡眠時間が十分に確保できていなかったり、食事の時間が自分の希望するタイミングでなかったりする場合、まずはそれらを「自分のコントロール圏内」に入れて、きちんと調整するようにしましょう。

セルフケアでできるストレス対策を

病院への受診やカウンセリングを受ける他にも、自宅で手軽にできるストレス対策があります。
例えば、いい香りでリラックス効果を呼ぶハーブティを飲んだり、お風呂に入浴剤を入れてみたり。他にも寝る前に静かな音楽をかけるなど、小さなことでも十分、ストレス解消に効果を発揮してくれる場合があります。

休日や平日の帰宅後などの空いた時間を利用して、ヨガやウォーキング、ランニングなどの運動を取り入れて気分転換してみるのも良いでしょう。ただしこれらを「嫌なことを避ける」目的で行っても全て逆効果になります。「ゆったりした気分になって笑顔で過ごすため」「自分にとって本当にやりたいことをベストパフォーマンスで行うため」など「何のためにそれをやるのか」を明確にして利用していくとよいでしょう。

運動する女性

挙げた例に共通しているのは、どれもストレスを抱いている状態から解放され、リラックスできるということ。人によって自分に合う気分転換方法はさまざまなので、自分に適したセルフケアを探してみましょう。「ストレス」そのものは決して悪い物ではありません。「なぜその状態を負担だと感じるのか」を読み解くことに意味があります。

精神的な不調が辛い場合は、もちろん病院の受診やカウンセリングをおすすめしますが、日常的に抱えるストレス対策には、このようなセルフケアも心がけてみましょう。

私がお答えしました

産婦人科医 清水なほみ
ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~院長。女性特有の病気を中心に日頃の不調を改善するためのアドバイスをいたします。
Facebook:https://www.facebook.com/vivalita.salon

この記事をシェアする

生理期間中の情緒不安定にお悩みの
あなたにおすすめの商品

カルシウム&マグネシウム

カルシウム&マグネシウム

カルシウムとマグネシウムを2:1でバランスよく高配合。手軽に毎日ミネラル補給!

関連する記事