何とかしたい生理前、生理中の肌荒れ!敏感肌の原因と対処法とは?

3行でまとめると?
  • 突然の敏感肌はホルモンバランスが影響
  • 生理前はバリア機能が低下して刺激に弱い肌に
  • バリア機能を高める注目成分「紫根(しこん)エキス」

デリケートな生理前、生理中の肌は取り扱いに要注意!

生理前や生理になると、肌がピリピリっと刺激を感じたり、普段使っている化粧水が合わなくなったことはありませんか?ひどい時には肌が赤くなり、かぶれることも。

いつも使っている化粧品が合わなくなると、買い換える必要があるのか、どうして合わないのか・・・と心配になりますよね。しかも生理前の敏感肌は、いつも起こるものではなく、突然で不定期に感じる人も多いのだとか。

このやっかいな肌荒れも、生理周期で変動する女性ホルモンの動きが影響して起こる可能性が大きいと言われています。体の変化と肌トラブルの関係を把握して、上手に生理と付き合いたいものです。

生理前、バリア機能が低下した肌は刺激に弱い!

女性の体の中では、「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」という二つの女性ホルモンが、妊娠や健康をサポートするために働いています。

生理前に敏感肌になる原因の一つとして「肌のバリア機能の低下」が考えられます。最近の研究で、排卵後に増える黄体ホルモンの原因で、肌のバリア機能を守る「抗菌ペプチド」が減少するということがわかりました。バリア機能が低下した肌は、雑菌などが皮膚に侵入しやすく、外からの刺激にも敏感に反応することがあります。

また、生理前や生理中は、コラーゲンの生成を促す卵胞ホルモンの減少で、水分保持力が低下し、乾燥しがちです。乾燥もバリア機能低下の要因になります。このように、肌は女性ホルモンの働きに影響を受けて変化します。特にバリア機能の低下が、刺激による反応を敏感にさせているようですね。

バリア機能を高めるケアで、ゆらぎに負けない肌に!

生理前の肌は、バリア機能の低下から刺激に敏感に反応することが考えられます。そのため、特に生理期間中は肌に刺激を与えないように注意しましょう。髪染めやムダ毛処理などは、生理前や生理中を避けた方が安心です。新しい化粧品をこの時期に使い始めるのも避けた方がいいでしょう。さらにこの時期は、紫外線にも敏感になっているため、紫外線対策はしっかりと行いましょう。

肌が敏感になっている時には、スクラブなどの刺激や手の摩擦は避け、やさしい洗顔を心がけましょう。洗顔後は、時間を空けずに十分な保湿をすることが大切です。

最近では「抗菌ペプチド」を増加させる成分として「紫根(しこん)エキス」という植物エキスが注目されています。外からでも効果を期待できるので、紫根エキス配合の基礎化粧品もオススメです。肌のバリア機能を高めることで、生理前や生理中に関わらず、強く美しい肌を目指しましょう。

この記事をシェアする

執筆:上田 凡子

関連する記事