Q

季節の変わり目にニキビができる!季節ごとのニキビケア対策とは?

顔周りによくニキビができてしまいます。季節の変わり目で、体調を崩しているのが問題なのでしょうか?季節の変わり目にできるニキビの原因や対策について教えてください。

専門家からの回答
季節に変わり目は、ニキビの原因であるホルモンバランスの乱れが起こりやすくなります。季節に合わせケアを変えましょう。
3行でまとめると?
  • 皮脂の過剰分泌と角質異常により毛穴が詰まり、ニキビができる
  • 皮脂の過剰分泌と角質異常はホルモンバランスの乱れにより引き起こされる
  • 季節の変わり目は、ホルモンバランスの乱れが起こりやすい

目次

ニキビができる原因とは?

ニキビは、誰もが一度はできたことがあるような代表的な肌トラブルのひとつ。しかし、「ニキビができる原因をよく理解できていない」という人も、多いのではないでしょうか?

過剰に分泌した皮脂と角質異常

ニキビができるきっかけは、皮脂が過剰に分泌されることと、毛穴の出口にある角質が厚くなってしまうこと。
皮膚の一番外側に位置する角質が厚くなると、毛穴がふさがり、過剰に分泌した皮脂がそこに詰まっていきます。その後、この皮脂を栄養源とする「アクネ菌」が過剰に繁殖し、炎症を起こしてニキビへと悪化していくのです。

ホルモンバランスの乱れに要注意

角質を厚くする原因として、ホルモンバランスの乱れが大きくかかわっています。
女性の体をコントロールするのは、エストロゲン、プロゲステロンと呼ばれる2つのホルモン。
これらのホルモンは絶妙なバランスにより、体をコントロールしています。しかし、食生活が乱れたり、ストレス、睡眠不足が重なると、皮脂の分泌を促す作用のあるプロゲステロンの分泌が、増えてしまうのです。

季節の変わり目にニキビができるのはどうして?

では、ここで季節の変わり目にニキビができる原因についてご紹介します。

季節の変わり目は、ホルモンバランスが乱れがち

女性のホルモンバランスが乱れる代表的な原因は、ストレスや生活習慣の変化。
季節の変わり目は、気温や湿度が変わることによる寒暖差に体がストレスを感じたり、生活環境が変わり、生活習慣が大きく変化する時期でもあるので、ニキビができやすいといわれています。

季節の変わり目は、肌が刺激を受けやすい

加えて、春に多い花粉や、夏の紫外線、秋や冬における空気の乾燥など、外的な刺激が肌に大きなダメージを与えてしまいます。そうすると、肌を守るバリア機能が低下してしまい、ニキビを引き起こしやすくなります。

季節ごとにできるニキビ対策とは?

季節の変わり目に、ニキビができるさまざまな原因についてご紹介してきました。では、それらの原因から、どのように正常な肌状態を保つことができるのでしょうか?1年を通してできること、そして季節ごとにできる対策と、それぞれ分けてご紹介します!

1年を通してできるニキビ対策

まずは年間を通して行いたいニキビ対策をご紹介しましょう。

[ 1 ] ストレス発散などでホルモンバランスを整えよう!
前述したニキビの原因のひとつに、ホルモンバランスの乱れを挙げました。
ホルモンバランスは季節の変わり目や、仕事の疲れなどによる心的なストレスが大きく影響します。定期的に、そういった心的なストレスを発散していくようにしましょう。

とはいえ、人によってストレスの発散方法はさまざまです。たとえば読書やスポーツなど、自分の趣味に没頭する時間を設けて、ストレスを感じるものから、完全に切り離す工夫をしてみましょう。

[ 2 ] 保湿で肌バリアの機能を高めることも忘れずに
肌のバリア機能を高めることもニキビ対策に欠かせません。
肌のバリア機能は、肌を紫外線や雑菌、ほこり、乾燥から守るなど、さまざまな働きをしてくれます。
この肌のバリア機能を維持し、高めるには、肌の保湿が大切です。

正しい保湿の手順として、まず、洗顔後はすぐにタオルなどで水分を取り除きましょう。
洗顔後の肌は、水分の蒸発を防いでくれる皮脂の量が減っています。この状態で肌に水分を残しておくと、後で水分が蒸発する際、もともとあった水分が一緒に飛んでしまうのです。

タオルで拭いたあとは、化粧水を。洗顔後の肌は乾燥しやすい状態なので、時間をおかずに化粧水を付けてあげましょう。10円玉程度の大きさを手に取り、強く肌をたたくのではなく、押し込むようになじませます。さらに乾燥が気になる季節には、併せて美容液を付けるなどの対策も。

化粧水などで補った水分や保湿成分が蒸発するのを防ぐために、最後は乳液やクリームを付けます。水分と保湿成分をとじこめられるよう、肌に薄く蓋をしてあげるイメージです。

このように、水分を肌から逃がさないようにするのが大切。ほかにも肌の保湿効果が高いセラミドを含んだ化粧品を選ぶなどの工夫をしてみるのもよいでしょう。

ただ、化粧水の付け過ぎは注意が必要です。肌が一度に取り込める水分には限りがあるといわれています。付け過ぎた余分な化粧水が蒸発する際、もともと取り込んであった水分まで蒸発してしまうことがあり、かえって肌を乾燥させることになってしまうようです

季節ごとのニキビ対策

季節ごとに、ニキビを引き起こすような外的な刺激はさまざま。季節ごとの対策をご紹介していきます!

[ 1 ] 春のニキビ対策
春の間の肌は、乾燥する冬の間に受けたダメージを蓄積しがち。冷えにより血行が滞っていたせいで、老廃物が溜まっていることも。

春の季節で気を付けたいのは、花粉やほこりなどの外的要因。特に花粉が肌に付くと、肌の免疫機能が過剰に反応し、炎症を引き起こすこともあります。日々の洗顔を欠かさないようにしましょう。

気温もぐんぐんと上がっていくので、こまめに鏡で肌の状態を気にかけていきます。乾燥が気になる場合は、クリームのほかに保湿パックを足してみたりと、一日ごとに肌の調整を。

[ 2 ] 夏のニキビ対策
夏は特にニキビができやすい季節。
強い紫外線が肌のバリア機能にダメージを与えることはもちろん、特に気温が上がることで、肌の皮脂量が増えてしまいます。夏の外気にさらされるせいで皮膚の温度が上がり、皮膚の皮脂分泌量は冬の約2倍ともいわれています。

夏のニキビは、とにかく毛穴の詰まりから!洗顔は朝と夜の2回を心がけましょう。

オイリー肌の人は、皮脂量が増える夏は朝と夜の2回洗顔した方がベター。そして紫外線対策にも注意が必要。一般的に、UV効果が高い日焼け止めほど、肌への負担は大きくなります。その分洗い落とすのも大変に。クリームなどのクレンジングではなかなか落ちずにゴシゴシと洗ってしまうとバリア機能の乱れの原因となってしまいます。オイルなど強い洗浄力をもつクレンジングを上手く使い分けるようにしましょう。

[ 3 ] 秋のニキビ対策
春は花粉、夏は紫外線、冬は乾燥と注意すべき点がわかりやすい季節と比べ、秋はどこに注意すべきかがわかりにくい季節といえます。そんなサボリがちな秋も、スキンケアは欠かせません。

残暑や日差しが厳しい日は、日焼け止めを使用するなどの紫外線対策を。さらに秋が深まってくると、肌の乾燥にも気を付けないといけません。肌の表面にある角質層が乾燥すると、肌のバリア機能が低下し、角栓による毛穴詰まりを引き起こしてしまいます。
気温が低くなってきたらすぐ肌の保湿を始め、やってくる冬への乾燥対策を怠らないようにしまいしょう。

また、秋にも花粉が飛散しています。この花粉に対してアレルギーを起こし、春と同じように肌の炎症を起こしてしまう人もいます。秋の花粉もニキビに繋がることがあるので注意しましょう。

夏から続けていく紫外線対策、やってくる冬のための乾燥対策、そして春と同じように心がけたい花粉の対策。秋という季節は、総合的な肌のケアが必要といえます。

[ 4 ] 冬のニキビ対策
冬は何といっても乾燥の季節。とにかくこの乾燥による対策が必要になってきます。肌を乾燥させない洗顔は、ぬるめのお湯がベスト。回数は朝と夜の2回とよくいわれますが、洗顔料を使いすぎるのは、かえって乾燥を招くことがあるので注意してください。朝と夜、どちらかで洗顔料を使う程度の頻度にしましょう。

外出時は、乾燥した冷たい空気が肌にダメージを与えることはもちろん、洋服からも刺激があるのを忘れずに。ハイネックの服やマフラーが、顎やフェイスラインに刺激を与えてしまうことがあります。乾燥して肌のバリア機能が低下している冬では、少しの刺激でもニキビに繋がります。天然繊維などの、コットンやシルクを選ぶなどの対策を検討しましょう。

また、家に帰ってきてからも油断大敵。部屋も暖房をいれているせいで、肌が乾燥しがちです。暖房器具類からも肌の乾燥を招くので加湿器を併用するなど注意しておきたいところ。

冬は乾燥するほかにも体が冷え、血行が悪くなる時期でもあります。血行の停滞は老廃物を溜めやすくなるので、一日に一度は湯船に入り、体を温めてあげましょう。

ここまで、通年でできる対策、季節ごとの対策と合わせてご紹介してきました。
季節によって肌にダメージを与えてくる要因は、本当にさまざまです。大事なのは、とにかくホルモンバランスを乱さないこと。そして肌を守ってくれるバリア機能を低下させないこと。
ニキビ対策はもとより、自分の肌の確認は、健康状態の確認にも繋がります。
健康な体と肌で、よりよい日々を過ごしていきましょう。

この記事をシェアする

私がお答えしました

皮膚科医 小林智子
「ドクターレシピ」にて医師が監修するレシピを紹介。自身の経験を活かして、スキンケアをお手伝いいたします。

関連する記事