Q

ホルモンと肌の関係を解説。ホルモンバランスを整えるには?

ニキビがよくなって喜んでいたら、しばらくするとまたポツポツと増えて…という悪循環の繰り返しで困っています。どうしたら肌の状態を安定させられるでしょうか?

専門家からの回答
ホルモンバランスの乱れが原因かも。睡眠、食事、ストレスに気をつけて改善していきましょう。
3行でまとめると?
  • ホルモンバランスの乱れがニキビの原因に
  • ホルモンバランスが乱れる原因はストレス、睡眠不足、過度のダイエットなど
  • 生活習慣を見直すことがニキビ改善のカギ

目次

ホルモンバランスの乱れがニキビの原因に?

生理前に肌荒れが起こったり、生理中にニキビが悪化したり…。そんな悩みを感じたことはありませんか?これらの症状を感じていたら、あなたのニキビは「ホルモンバランスの乱れ」が原因かもしれません。

そもそも、ニキビは目に見えない毛穴の詰まりからはじまります。この毛穴の詰まりは、毛穴の周りの皮膚が厚くなることで出口が塞がれ、そこに過剰に分泌した皮脂が溜まって起こるものです。

ニキビの原因となる「皮膚の角化」や「皮脂の過剰分泌」が起こる理由はいくつかありますが、今回はそのうちの1つ、ホルモンバランスの乱れについてお話ししましょう。

肌に影響するホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンと、アンドロゲンという男性ホルモンがあります。女性ホルモンといっても、女性だけに存在するのではなく男性の体内にも存在し、同様に、女性の体内にも男性ホルモンは存在しています。これらのホルモンの分泌がコントロールされていることは肌にとって重要で、何らかの原因でホルモンのバランスが崩れてしまうと、角質が厚くなったり皮脂が過剰に分泌されたりして、ニキビができやすくなってしまうのです。

ホルモンバランスが乱れる原因とは?

では、ホルモンバランスの乱れはどのようにして起こるのでしょうか?その原因について、さらに掘り下げていきましょう。

女性は生理が原因に

女性は月に1度生理が来ますが、実はこの生理のサイクルに合わせてそれぞれのホルモンの分泌量は変化しています。プロゲステロンは生理前に分泌量が多くなり、皮脂の分泌を増やしたり、肌を敏感な状態にしたりする作用を持っています。そのため、生理前はニキビができやすい時期となるのです。

繰り返してできるニキビは生理が原因かも?対処方法とは?

生理が原因のニキビについて専門家が解説します。

ストレスや睡眠不足

このプロゲステロンの分泌が増える要因として、生理のほか、生活習慣も関係しています。具体的には、ストレスや睡眠不足などです。ストレス・睡眠不足は体を緊張・興奮した状態へと導きます。この緊張状態はプロゲステロンの分泌を増加させ、さらにニキビをできやすくさせてしまうのです。

大人ニキビの原因?ストレスによるニキビを治すには

ストレスが原因のニキビについて専門家が解説します。

睡眠不足のせい?大人ニキビを防ぐための快眠のコツとは?

睡眠不足が原因のニキビについて専門家が解説します。

ダイエットにも注意が必要

加えて、ダイエットをしているときに生理が止まったり、生理周期が乱れたりする場合は、女性ホルモンのバランスが乱れている証拠です。ご飯を抜くなどの過度なダイエットはホルモンバランスに悪影響を及ぼし、ニキビを作りやすくするので注意しましょう。

ホルモンバランスを整えるには?

ホルモンバランスを整えるためにはどんなことが必要でしょうか?日常生活から考えてみましょう。

[ 1 ] 良質な睡眠を取る

一般的に睡眠不足は肌に悪いといいますが、ホルモンバランスの乱れによるニキビも同じ。睡眠は最も重要といっても過言ではありません。さらに、「目覚めのよさ」を感じるような質のよい睡眠を取るようにするのがポイント。

質のよい睡眠を取るためには以下に挙げるようなことが必要となります。

・食事は睡眠の3時間前には終える
・お風呂は睡眠の1時間前に済ませる
・電子機器の使用は寝る30分前まででやめる
・いつもだいたい決まった時間に寝起きする
・日の変わる前から7時間以上の睡眠を取る

忙しいみなさんには長時間の睡眠などは取りづらいかもしれませんが、ホルモンバランスを整えるために、できることから頑張ってみましょう!

[ 2 ] ストレスを発散する

ストレスは現代人には避けられないもの。ストレスといっても自分にとって嫌なことだけとは限らず、自覚していないところにある場合も。

例を挙げれば、進学や就職などはっきりとした環境の変化は精神的なストレスに、季節の変わり目などの気候の変化は、自覚がないまま体のストレスになることがあります。
ストレスの発散の仕方は以下のように色々あるので、自分に合った発散方法を見つけてみてはいかがでしょうか?

・ストレッチやウォーキングなど適度な運動をする
・カラオケやコンサート、スポーツ観戦などで大声を出す
・映画やドラマを見て泣く、笑う
・友人や恋人、家族などに話を聞いてもらう
・入浴する
・アロマなどの香りでリラックスする

[ 3 ] 食生活を改善する

ここまで睡眠、ストレスと生活習慣の改善についてお伝えしてきました。続いて、食生活についても触れていきましょう。ホルモンバランスを整えるために役立つ栄養素がいくつかあります。この機に食生活も見直してみてくださいね。

ビタミンE
ビタミンEは、ホルモンの分泌に働く脳下垂体や卵巣に影響し、美肌に導く女性ホルモンの増加を促す働きがあります。ビタミンEが含まれるのはカボチャやホウレン草などの緑黄色野菜、ナッツ類など。特に緑黄色野菜はビタミンAやCなども含み、美肌には必須の食材です。

ビタミンB6
ビタミンB6は女性ホルモンのエストロゲンの代謝を助けてくれます。マグロやカツオはビタミンB6以外のビタミンも豊富に含み、ホルモンの元となる良質なたんぱく質も含んでいるのでおすすめです。

大豆イソフラボン
大豆イソフラボンは上記エストロゲンと似た働きをします。大豆食品全般(豆腐、豆乳、納豆など)に含まれ、高たんぱくでホルモンの材料ともなります。また大豆食品は安価で低カロリーでもあり、食べやすいのも利点です。大いに取り入れてみましょう。

なお食事をする上で重要なのは、食べる時間や回数を毎日変動させないことです。
体の中には1日のリズムを刻む、体内時計というメカニズムがあります。ホルモンの分泌も、体内時計が行う生体リズムの1つです。毎日規則正しく食事や睡眠の時間を取るようにすると、体内時計も整いやすくなり、結果としてホルモンバランスも整いやすくなりますよ。

今回はホルモンバランスの乱れをどう改善するかについてお話ししてきました。
肌の乾燥や紫外線、間違ったスキンケアなどもニキビの原因となりますので、ホルモンバランスを整えると同時にそうしたことにも気をつけて美肌を取り戻しましょう!

肌の乾燥がニキビを招く?乾燥の原因、紫外線を予防するには!

紫外線が原因のニキビについて専門家が解説します。

この記事をシェアする

私がお答えしました

皮膚科医 梅田さやか
肌クリニック 表参道皮膚科院長。過去に自身が肌に悩んだ経験を活かし、女性が美しくあるお手伝いをいたします。

関連する記事

  • 15.07.01

    ニキビができた時におすすめの洗顔料と洗顔方法とは?

    15.07.01

  • 15.04.09

    漫画で知る!大人ニキビの新事実

    15.04.09