Q

大人ニキビの原因?ストレスによるニキビを治すには

仕事が忙しくなった途端にニキビができてしまいました。仕事の忙しさによるストレスが原因かと思いますが、しばらく忙しい日々が続きそうです。どうしてストレスでニキビができるのでしょうか?対処方法について教えてください。

専門家からの回答
ストレスによるニキビにはストレス解消と生活習慣の見直しを!
3行でまとめると?
  • 大人ニキビはストレスによるホルモンバランスの乱れが原因に
  • アンドロゲンやコルチゾールといったホルモンが影響することも
  • 自分なりのリラックス法と生活習慣の見直しで改善を

目次

どうしてストレスがニキビを引き起こすの?

大人になってからできるニキビは、繰り返しできたり、一度できたらなかなか治らなかったり…。長年悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

大人ニキビは思春期ニキビと違い、さまざまな原因が重なってできるケースがほとんど。中でもストレスは体にさまざまな変化を引き起こすため、ニキビの原因となり厄介です。ストレスの原因を見直すと、あなたのニキビは改善するかもしれません。今回はニキビとストレスの関係についてご紹介しましょう。

ストレスがニキビの原因となるのはなぜでしょうか?ストレスによるニキビには、ホルモンバランスの乱れが関わっています。

皮脂の分泌や角質硬化を促す男性ホルモン

まず、ホルモンとは私たちの体の状態を一定に保つために働く物質で、たくさんの種類があります。その中でもニキビに特に関係するホルモンは、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロン、また男性ホルモンのアンドロゲンといった「性ホルモン」。

人間はストレスを感じると男性ホルモンの分泌を促すのですが、この男性ホルモンはニキビの原因となる皮脂の分泌や角質を厚くする働きを持つのです。そのため、ストレスを感じるとニキビや肌荒れなどを起こす原因となってしまいます。

増殖により肌のバリア機能を破壊するコルチゾール

ストレスと大きく関係するホルモンとして「コルチゾール」も挙げられます。
コルチゾールはストレスによって分泌が増えることから、「ストレスホルモン」ともいわれています。
そして、このコルチゾールがストレスにより増加しすぎると、肌のバリアが破壊されニキビが悪化してしまうことに。

ただし、コルチゾールは炎症を抑える作用もあるため、睡眠不足などによりコルチゾールが正常に分泌されないと、アトピーなどの肌の炎症が治りにくくなるとの報告もあります。

つまり、コルチゾールは肌には不可欠なホルモンなれど、ストレスで過剰分泌になるとニキビ悪化の原因になってしまうということなのです。

ストレスの現れは人それぞれ

人によりどんなことがストレスになるかは変わりますが、問診をしていて多いと感じるのは、仕事や学校での人間関係における精神的なストレス、引っ越しや出産、転職などの環境の変化によるストレスです。

また、十分な睡眠が確保されていなかったり食生活が乱れていたりすると、自律神経が乱れ、自分では気がつかなくともストレスレベルは上がってしまいます。
これらのようなストレスを少しでも軽減するために、生活習慣の見直しは重要です。

ストレス解消でニキビを治そう!

ストレスがニキビの原因となっていることはわかりました。では、ストレスを解消するにはどうしたらよいのでしょうか?

もし自分で具体的にストレスの原因を把握できているのであれば、まずはストレスの要因から身を離すことが先決です。
原因を把握していない場合には、ストレスと密接に関係している自律神経を整えるよう心がけましょう。

例としては、以下のような方法があります。

・趣味など、自分が楽しいと思うことに時間を使う
・ハーブティやアロマなどの心地よい香りをかぐ
・ストレッチなどの軽い運動でリラックスする

運動については、ストレス対策としてはヨガやストレッチなどの動きの激し過ぎないものが有効とされており、長時間激しい運動をすると活性酵素が産生されることで逆に体にストレスがかかってしまとされています。
ジョギング、ランニングなどをする場合は1日30分くらいのペースであれば負担も少なく、ストレス解消としておすすめですよ。

現代人は常にストレスにさらされており、1人1人のストレスレベルは以前よりも高くなっていると考えられています。ニキビはあなたのストレスが高まっているSOSのサインの1つかもしれません。ストレスと上手に付き合う工夫を見直してみましょう!

この記事をシェアする

私がお答えしました

皮膚科医 小林智子
「ドクターレシピ」にて医師が監修するレシピを紹介。自身の経験を活かして、スキンケアをお手伝いいたします。

関連する記事