Q

ニキビ肌のスキンケア。正しいケア方法と間違いケアについて解説!

なかなか治らないニキビに悩んでいます。細めに洗顔をして清潔を心がけているつもりなのですが、何がいけないのでしょうか?スキンケアの仕方について教えてください。

専門家からの回答
自分にあった化粧品で、手短に優しくスキンケアしましょう!
3行でまとめると?
  • 肌の乾燥はニキビの原因に
  • 肌の乾燥は加齢やケアのし過ぎが関係
  • ニキビができていても、「肌の保湿」を怠らないこと

目次

ニキビができる原因って?

きちんとスキンケアをしているつもりなのに、なかなか治らないニキビに悩んではいませんか?あなたは、なぜニキビができるのか、どうしたらニキビが治るのかについて正しく理解できているでしょうか?

ニキビができる原因を簡単にいうと、毛穴の詰まりと、過剰な皮脂分泌です。
ニキビとは、何らかの理由で皮脂などが毛穴に詰まり、皮脂をエサとするアクネ菌が増殖して炎症をもたらした肌状態のことをいうのです。

ニキビは思春期にできるイメージがあるかと思いますが、大人になってからできる「大人ニキビ」というものがあることをご存知ですか?大人ニキビの原因は人によってさまざまですが、間違ったスキンケアによるものも少なくありません。

ニキビがなかなか治らずに困っている人は、ニキビができてしまった時のスキンケア方法についておさらいしてみましょう。

ニキビには保湿が大切!保湿力を高めるスキンケア方法とは?

ニキビができてしまった時のスキンケアとして、肌の清潔を保つことが大切です。したがって、洗顔は毎日行う必要がありますが、洗顔のし過ぎには注意が必要です。

というのも、洗顔をすることで肌の油が落ちますが、ここで肌に必要な油分まで落としてしまうと肌が乾燥し、その乾燥を補おうと皮脂を盛んに分泌するのです。盛んに分泌される皮脂は毛穴に詰まり、ニキビの原因となってしまう場合があるので、肌の保湿が大切なのですね。

また、年齢に応じて徐々に分泌量が減っていく皮脂は、排泄がスムーズに行わなくなっていき、毛穴が詰まりやすくなる原因に。以上のことから、ニキビができていても適度な保湿が必要であるということをしっかりと覚えておいてください。

では、保湿力を高めるために、どのようなスキンケアができるでしょうか?以下で解説していきます。

クレンジングと洗顔について

ニキビができてしまった時のクレンジング料は、できるだけ肌に優しい化粧品を使用してください。具体的には、クリームタイプなどがおすすめです。

濃いメイクをしている時は、クリームタイプですと汚れが十分に落ちない場合がありますので、洗浄力の強いオイルタイプを使用すると良いでしょう。洗浄する際は、まずぬるま湯ですすぎ、ゴシゴシとこすらずに優しく化粧を落としてください。最後はすすぎ残しをせず、かつ手短に行うようにしましょう。

ニキビができた時におすすめの洗顔料と洗顔方法とは?

ニキビができた時の洗顔料と洗顔方法について専門家が解説します

化粧水について

洗顔後に塗る化粧水は、洗顔した後すぐに塗るようにします。化粧水の役割は、あくまで保湿液や乳液をスムーズに塗れるように肌全体の水分量を整えるもの。与えた化粧水全てが肌に浸透するわけではありませんので、時間をかけてパッティングなどをする必要はありません。

また、化粧水選びでは自分の肌の水分量と皮脂量のバランスによって決めると、失敗が少なくなります。例えば、冬の肌が乾燥する季節にはしっとり系の化粧水を使用する、化粧品売り場で脂性肌と診断されたという人はさっぱり系の化粧水を使用するなど、自分の肌状態に合わせて化粧水を使い分けてみてください。

化粧水1つで保湿ができるわけではありませんが、化粧水を変更することでニキビが改善するということがあります。

ニキビができた時の化粧水の選び方とは?

ニキビができた時の化粧水の選び方とつけ方について専門家が解説します

保湿液について

保湿力を高めるためのスキンケアには、やはり保湿液やクリームがかかせません。
保湿液やクリームは少量で塗りがちですが、そうすると肌への摩擦を起こしてしまいますので、500円玉くらいの量を目安に、肌へまんべんなく塗るようにしてください。

保湿液選びでは、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が入っているかどうか確認しましょう。また、つけ心地で判断すると失敗が少ないです。気になる化粧品がある時には、試供品で試してみるといいかもしれませんね。

大人のニキビの治し方[ 3 ]乳液・保湿液の選び方とは?

ニキビができた時の乳液の選び方について専門家が解説します

ニキビができている人あるあるスキンケアの間違い!

ここまで、クレンジングや洗顔などのスキンケアについて紹介してきました。

ここでは、上記で紹介しきれなかった間違いスキンケアについて紹介したいと思います。
やってしまいがちだけど間違っているスキンケア、自分はしていないかチェックしておきましょう。

鼻パックのやりすぎ

ニキビや毛穴の黒ずみが気になる人の中には、鼻パックをした経験がある人が多いかと思います。この鼻パックは、粘着性のある成分を毛穴に入れることで毛穴の汚れを引き抜いて取り除くもの。
鼻パックによって毛穴の汚れがきれいに除去されますが、除去された後の毛穴が開きっぱなし…ということになりかねません。

週に1度だけ、鼻パックをした後には冷やして毛穴を小さくするなどしましょう。

皮脂が多いので、毎日スクラブ洗顔

ニキビができている人は、「皮脂が多いから」と入念に洗顔をしがち。ニキビができていても、肌にとって必要な油までとってしまうことはかえってニキビや肌荒れを進行させる原因となります。

スクラブ洗顔も回数に気を付けたいですね。

ここまで、ニキビの正しいスキンケア方法についてお伝えしてきました。ニキビを治すには自分にあった化粧品で優しくスキンケアをすることが大事ということがわかりましたね。
そのほか、ニキビを治す方法についてはこちらで紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね!

早く治したい!!気になるニキビを治す4つのポイント!

ニキビの原因と治し方について専門家が解説します

この記事をシェアする

私がお答えしました

皮膚科医 小林智子
「ドクターレシピ」にて医師が監修するレシピを紹介。自身の経験を活かして、スキンケアをお手伝いいたします。

関連する記事