Q

胸や背中などの気になる体のニキビ。その原因と治し方は?

お風呂上りに背中を見たら、背中の真ん中にニキビができてしまいました。仰向けに寝るとシーツに擦れるし、痛いです。体のニキビの予防法や治し方を教えてください。

専門家からの回答
洗い過ぎず、清潔にしましょう。ボディ用の化粧水等で保湿ケアを。
3行でまとめると?
  • 体、特に背中は意外と皮脂の分泌が多くニキビの好発部位
  • 毛穴を詰まらせないために、清潔を心がけることが大切
  • 睡眠リズム、腸内環境を整えることがニキビ悪化を防ぐ

目次

体にニキビができる原因とは?

体のニキビに悩んではいませんか?体のニキビは普段ひと目につくことはないけれど、自分では気になってしまって仕方ないですよね。
ニキビは顔にできるイメージが強いかと思いますが、顔だけでなく、体にできることも少なくありません。特にできやすいのは首、胸、そして背中です。

部位が違えどニキビのできるメカニズムは同じ。その原因は、角質が分厚くなったり硬くなることによって皮脂の出口である毛穴が詰まり、そこに過剰な皮脂が溜まることです。

炎症が起きる前の状態のことを白ニキビ、炎症が起こると赤ニキビと呼ばれ、赤ニキビは痛みをともなう場合もあります。赤く炎症を起こし痛くなっては嫌ですよね。
では、ニキビのメカニズムである毛穴の詰まりがどうして起こるのか、お話ししましょう。

ホルモンバランスの乱れ

毛穴の詰まりや過剰な皮脂分泌の原因はさまざまですが、ホルモンバランスの乱れが特に影響するといわれています。

ホルモンとは、男性の場合は「アンドロゲン」という男性ホルモン、女性の場合はアンドロゲンと構造が似ている「プロゲステロン」という黄体ホルモンが挙げられます。これらのホルモンには皮脂の分泌を増やす作用があり、何らかの原因で増殖しホルモンバランスが乱れると、それがニキビの原因となります

女性の場合は生理前や生理中にニキビが悪化するという声をよく耳にしますが、これは生理前にプロゲステロンの分泌が増えることが影響しているのです。

生活習慣の乱れ

また、ストレス睡眠不足などの生活習慣の乱れもホルモンバランスを乱す原因となります。
さらに、生活習慣の乱れは、ホルモンバランスだけでなく肌のターンオーバーも乱します。肌のターンオーバーとは肌細胞が生まれ替わる、いわゆる新陳代謝のこと。肌のターンオーバーが正常に繰り返されることで、きれいな肌を保つことができるのです。
つまり、肌のターンオーバーが正常に行われないとニキビができる原因となってしまいます。

ホルモンバランスや生活習慣、肌のターンオーバーの影響は巡り巡ってお互いに悪循環を生み出しているのですね。

体の部位ごとに解説!ニキビが悪化する理由って?

ニキビができるメカニズムや原因は、どの部位でも同じということについてお話ししましたが、ニキビが悪化する原因については部位ごとに特徴があります。
ここで、部位ごとのニキビ悪化の原因についてお話ししましょう。

背中
背中は意外にも皮脂の分泌が多く、ニキビの好発部位となります。しかし、背中は自分の目がなかなか届かず、ケアが行き届かない部位。
そのため、気がついた時にはニキビが進行していることが少なくありません。

いつの間にかできてしまった背中ニキビの治し方とは?

いつの間にかできた背中ニキビの原因と対策について専門家が解説します


胸も背中と同様に皮脂の分泌が多い部位。女性の場合は乳房の凹凸があるため、汗が溜まったり蒸れたりしやすく、炎症が起きがちです。

胸ニキビは不潔になりやすい? 胸のニキビの原因と治す方法とは?

不潔になりやすい胸ニキビの原因と治し方について専門家が解説します


首のデコルテ付近は、汗が溜まりやすいだけでなく、紫外線によってニキビが悪化するケースがあります。紫外線によるダメージは、肌のターンオーバーの乱れの原因になります。
また、おろした髪の毛やストールなどによる刺激も首のニキビを悪化させることがあります。

気になる首のニキビ…部位別の原因と対策とは?

首ニキビの部位別に原因と対策について専門家が解説します

体のニキビを治すにはどうしたらいいの?

ここまで、ニキビができる原因と、体の部位ごとにニキビが悪化する原因についてお話しました。ここからは、体のニキビの治し方についてお話しましょう!

肌の保湿を意識したスキンケアを

ニキビを治すには、まずはスキンケアの見直しを。スキンケアの基本は「肌の清潔を保つこと」です。ただし、ここで誤解されがちなのが、ニキビができた肌の清潔を保つには「何度も洗浄をしなければならない」という考え方。

実は、肌の洗い過ぎはニキビにはかえってNG。肌を洗い過ぎると、皮脂が必要以上に少なくなってしまい、肌本来のバリア機能が低下して炎症を引き起こしやすい環境を作ってしまうのです。
また、肌が普段よりも乾燥すると、それを補おうと皮脂がさらに分泌され、より毛穴が詰まるという悪循環を作ってしまうことにもなるのです。つまり、ニキビには何よりも適度な保湿が必要なのです!

優しくこまめに汗を拭き取ろう
ボディのニキビの場合、汗のケアも重要となってきます。
汗は肌と同じ弱酸性ですが、放置していると徐々にアルカリ性へと傾いて、肌のバリア機能を低下させることがわかっています。そのため、かいた汗はこまめに拭き取るようにしましょう。また、肌への摩擦が最小限になるよう、拭き取る際には柔らかいタオルで優しく押さえるようにして拭いてください。特に首は皮膚が薄いため、配慮しましょう。

ほかにも、体に直接触れるパジャマや枕カバーなどは、コットンなどの肌触りがよく通気性がよいものにすることがおすすめです。ニキビができた時には肌への刺激を減らすように心がけます。

一口にニキビといっても、その悪化原因や特徴についてわかりましたね。こまめに保湿を心がけたスキンケアと、生活習慣の見直しできれいな肌を手に入れましょう!

この記事をシェアする

私がお答えしました

皮膚科医 小林智子
「ドクターレシピ」にて医師が監修するレシピを紹介。自身の経験を活かして、スキンケアをお手伝いいたします。

関連する記事