Q

肌の乾燥がニキビを招く?乾燥の原因、紫外線を予防するには!

仕事で外回りが多く紫外線を浴びるせいか、シワやニキビなどの肌荒れが目立ちます。紫外線をケアしたいのですが、ニキビがあるので日焼け止めを塗って悪化しないか不安です。ニキビができている時の紫外線対策について教えてください。

専門家からの回答
紫外線は肌の乾燥を招きニキビの原因に。日焼け止めや食事で改善を
3行でまとめると?
  • 紫外線がニキビやシワを招く原因に
  • 紫外線は肌の乾燥を招く
  • 肌の乾燥を感じたら睡眠リズムや食生活を整える

目次

乾燥でニキビができる?そのメカニズムとは?

ニキビができる背景には「過剰な皮脂の分泌」と「毛穴の詰まり」が関係しています。通常、皮脂は皮脂腺でつくられ、そこから毛穴へと移動し、毛穴から排出されます。
しかし、ニキビができてしまう人の場合、「ターンオーバー」と呼ばれる肌の新陳代謝の乱れにより、皮膚の表面にある「角層」が厚くなって毛穴が塞がれ、正常な肌状態の人よりも毛穴が小さくなります。

そうなると、本来毛穴から排出されるべき皮脂が溜まってしまうことに。毛穴に皮脂が溜まると、皮脂をエサとするアクネ菌などの菌が増殖して、肌に炎症を起こします。

「皮脂が多い=ニキビになりやすい」というイメージが強いため、ニキビができると皮脂を取り除こうとしてしまいがちですが、皮脂を過剰に取り除くことはかえって皮脂の分泌を促す原因となります。というのも、肌が乾燥するとその分の乾燥を補おうと、皮脂を多く分泌するよう促されてしまうからです。

肌が乾燥する原因としては、これらが要因となります。

・季節的要因…紫外線冬の乾燥など
・間違ったスキンケア…過剰な洗顔など

紫外線が肌の乾燥やニキビの原因になる?

ここでは、肌が乾燥する原因の1つの「紫外線」についてお話しします。
紫外線といえば、「シミの原因」と考えている方が多いのではないでしょうか?
紫外線は肌にダメージを及ぼし、乾燥することで肌の弾力がなくなるため表情の変化による皮膚の折れ曲がりを発端とした「シワ」ができやすくなります。ただし、紫外線が肌に及ぼす影響はそれだけではありません。

紫外線は肌のターンオーバーの乱れももたらします。
ターンオーバーとは肌の新陳代謝のことで、私たちの肌はターンオーバーにより絶えず新しい細胞に生まれ変わっています。このターンオーバーが乱れてしまうと、角質が厚くなったり、排出されるべきものがうまく排出されず、毛穴の詰まりの原因となり、ニキビができやすくなってしまいます。

「紫外線は美肌の大敵」というのはイメージしやすいと思いますが 、ニキビの原因にもなっていたとは…。注意したいですよね。

紫外線を防ぐにはどうしたらいいの?

肌の乾燥を防ぐには、紫外線を防止する必要があることがわかったかと思います。紫外線対策というと、日焼け止めや化粧品での予防が思い浮かびますが、ニキビができていると「ニキビの上から塗っても大丈夫?」と不安になってしまいますよね。
では、ニキビができている人の紫外線対策についてお話ししましょう。

自分の肌の状態に合わせて日焼け止めを選ぼう!

まず、日焼け止めは大きく分けて「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があることをご存知でしょうか?

紫外線吸収剤は紫外線をブロックする力が強いですが、紫外線散乱剤よりも肌への負担が大きく、かぶれなどの刺激をもたらす場合も。そのため、赤みがあり炎症を起こしているニキビには紫外線散乱剤の方が安心です。

紫外線散乱剤は、「白浮きしやすい」「ベタベタする」などの指摘もありました。しかし、最近では保湿成分が配合されており伸びのよい製品も多く、使いやすく改良されてきています。気になる製品がある場合には、一度試してみると良いでしょう。

化粧下地は毎日活用しよう!

女性には馴染みの深い化粧下地の多くは、実はSPF15〜40程度の日焼け止め成分が配合されています。紫外線は季節に関係なく降り注いでいますので、ニキビができていても化粧下地くらいは年間通して利用することがおすすめです。

ただし、ニキビができている場合には、赤く腫れていたり、膿を持っていたりする箇所は、日焼け止めを避けた方が無難です。

肌の乾燥を感じた時には、生活を見直しバリア機能の強化を

肌の乾燥を感じた時には、ターンオーバーの乱れを促すようにすると肌の荒れを抑えやすくなるでしょう。ニキビの原因となるターンオーバーの乱れには、生活習慣が密接に関係しています。具体的には睡眠や食事がその筆頭に挙げられるでしょう。

睡眠リズムをつくって肌を修復!

睡眠中は「成長ホルモン」が多く分泌されるのですが、この成長ホルモンには、日中に受けた紫外線や乾燥などのダメージを修復したり、肌に必要な栄養素を血流に乗って運ぶことでターンオーバーを促進する働きがあります。そのため、睡眠不足ではターンオーバーが乱れがちに。
既にニキビの炎症がある場合はそのダメージからなかなか回復できず、炎症を抑えるまでに時間がかかってしまいます。

睡眠のリズムをつくれるよう、睡眠を邪魔させる恐れのある以下の行動は控えるようにしましょう。

・就寝直前にお風呂に入る
・就寝直前に食事をする
・就寝前にスマートフォンをいじる

逆に、睡眠を促すには気分を楽にできるような心地良い音楽を聴いたり、ストレッチをしたりするなど、自分なりのリラックス方法を試すと良いでしょう。

様々な要因が複雑に絡み合いできるニキビ。ニキビを改善するには、紫外線から肌を守り肌の乾燥を防いだり、日々の生活の乱れを正したりすることが大切。
生活を見直す時間をつくってみてくださいね!

この記事をシェアする

私がお答えしました

皮膚科医 小林智子
「ドクターレシピ」にて医師が監修するレシピを紹介。自身の経験を活かして、スキンケアをお手伝いいたします。

関連する記事