Q

テカリやニキビをどうにかしたい!Tゾーンのメイクやスキンケアの仕方とは?

夕方になるとTゾーンがとにかくテカります。日によってメイク直しできない場合もあるため、どうしたらメイクがヨレないかを教えてください。

専門家からの回答
皮脂のコントロールがカギ。保湿を心がけ、紫外線を浴びないようにしましょう
3行でまとめると?
  • Tゾーンは皮脂の分泌が多いためテカリやすい
  • 肌の乾燥が皮脂の分泌を促す
  • 適度な保湿と紫外線対策で肌の乾燥を防ぐ

目次

ニキビができるメカニズムって?

美容情報誌などを中心にしばしば目にする「Tゾーン」。
Tゾーンとは、一言で言うとおでこと鼻のこと。医学用語ではありませんが、顔の中心をTに見立てるとイメージしやすいですね。Tゾーンは頬などの他の部位と比べ皮脂腺が多く、テカリやニキビが起こりやすいゾーンです。
では、なぜそのようなトラブルになりやすいのか、ご説明していきたいと思います。

皮脂が多いとどうしてニキビができるの?

ニキビと言うと皮脂をイメージする方は多いかと思いますが、なぜ皮脂がニキビと結びつくのでしょうか?その背景には毛穴の詰まりが関係しています。

皮脂が作られる皮脂腺は毛穴に繋がっています。皮脂が通常より多く分泌されたり、何らかの理由で皮膚の一番表面にある「角層」が厚くなると、毛穴の出口が塞がってしまい、毛穴から本来排出されるべき皮脂がそこに溜まることに。これがニキビとなるのです。

Tゾーンであるおでこニキビや鼻ニキビのできる原因についてはこちらで詳しくチェックしてみましょう!

肌の乾燥がテカリを促すって本当?

皮脂が過剰に分泌されると毛穴が詰まってしまいニキビができやすくなることについてお話しました。では、皮脂の分泌が過剰になるというのは、どういったメカニズムで起こるのでしょうか?

実は、過剰な皮脂分泌は「肌の乾燥」が影響しているのです。一見、過剰な皮脂と肌の乾燥は無縁なように思いますよね。
ですが、肌は乾燥するとその乾燥を防ごうと通常より多く皮脂を分泌してしまうことに。そうして皮脂が増えると、さらに皮脂を取り除き、増加し…こうして、悪循環に陥ってしまうのです。

肌が乾燥する原因は「紫外線」「間違ったケア」の大きく2つ。
間違ったスキンケアというのは、具体的に言うと過剰な洗浄のことです。

・1日に何度も洗顔
・皮脂を除去するタイプのスキンケアを週に何度もする
・タオルでゴシゴシと力を入れて拭く

こういったことは必要な皮脂まで除去してしまうため、皮脂が余計に促される原因となってしまうのです。

肌の乾燥を防ぐには適度な保湿とUVケアを!

テカリのコントロールをするには、肌の乾燥を防ぐための「適度な保湿」が重要です。
この「適度な保湿」を判断する1つの目安をお教えしましょう。
ほとんどの女性の場合、夜のスキンケアにおいて保湿液などで保湿をすると思いますが、翌朝洗顔する前の肌の状態を見て、もしパッと見てテカっていたり、髪の毛までべったりしたりしているような場合は保湿のしすぎと言えます。反対に、肌がかさかさしたりつっぱるようであれば保湿が足りない可能性があります。

皮脂の量は季節や生活習慣によっても大きく変化するので、肌の調子を細めにチェックしてスキンケア商品を見直すと良いでしょう。
そしてもう1点注意したい「紫外線」。紫外線はシミの原因になり美肌の大敵であるため、既にケアをしている人が多いかとは思います。しかし、紫外線によるダメージはシミだけでなく、乾燥ももたらすことはあまり知られてないのではないでしょうか?
テカリ防止には、保湿だけでなくUVケアもお忘れなく。

肌を乾燥させないためのメイクやお直し方法とは?

ニキビケアをしていても「早急にニキビを隠したい!」という場面もあるかと思います。そのような時は、これから紹介することを参考にメイク方法を工夫してみてくださいね!

テカリを気にしない!メイク方法とは?

・化粧前には化粧水と保湿液で充分に肌の保湿をする
・メイク下地は顔色を明るくするものとカバー力のあるもの2種類を使う
・化粧前にテカリ防止用のジェルを塗る

テカってきても大丈夫!メイクのお直し方法とは?

化粧品による油分と相まって、夕方になるとテカリが気になる、という方は多いのではないのでしょうか。
お化粧直しでは、皮脂はあぶらとり紙ではなくティッシュを使って適度にオフするとその後のメイクが崩れにくくなります。それでも化粧ムラができてしまう場合には、コットンや綿棒に保湿液やクリームをつけて汚れやヨレを取りつつ保湿してあげると良いでしょう。

Tゾーンのみのテカリであれば、化粧直しはあくまで最小限に留めて。また、化粧直しのファンデーションはワントーン暗い色のパウダーファンデーションを使うと白浮きせずなじみやすいため、おすすめです。

Tゾーンのテカリやニキビを気にし始めると、顔を上げるのが恥ずかしくなってしまったり、自信を持てなくなってしまったり…そんな状態とおさらばするには、肌の乾燥を防ぐことから始めてみてくださいね!

この記事をシェアする

私がお答えしました

皮膚科医 小林智子
「ドクターレシピ」にて医師が監修するレシピを紹介。自身の経験を活かして、スキンケアをお手伝いいたします。

関連する記事