Q

毛穴の黒ずみの正体?!「黒ニキビ」とは?

痛くもかゆくもないのですが、鼻のニキビが黒ずんでいるのが悩みです。毛穴パックで毛穴を取り除いてもまた黒ずんでしまいどうしたら良いのかわかりません。何とか根本的に治る方法を教えてもらえないでしょうか。

専門家からの回答
黒ずみの一種、黒ニキビの可能性が。炎症を伴う赤ニキビに進む前に毛穴ケアをして黒ずみを解消しましょう。
3行でまとめると?
  • 黒ずみには3つの種類に分けられる
  • 間違った自己ケアは毛穴の開きやニキビ悪化の原因に
  • 黒ニキビ・黒ずみの改善には正しいスキンケアと規則正しい生活習慣が重要

目次

毛穴の黒ずみ?黒ニキビ?鼻の上のボツボツの正体とは?

一度できるとなかなかきれいにならない毛穴の黒ずみに悩んではいませんか?実はそれ、黒ニキビかもしれません。ここでは、毛穴の黒ずみや黒ニキビについて解説していきましょう。

黒ずみには3つの種類がある!

一言に「黒ずみ」と言っても、いくつか種類があるのをご存知でしょうか?黒ずみには以下の3つの種類があります。

[ 1 ] 角栓の詰まり(黒ニキビ)による黒ずみ
「角栓」とは、皮脂腺から分泌される皮脂と周囲の角質が混ざり合って固まったもの。
角栓は通常は目立たないのですが、酸化したり、汚れが付着したりすると表面が黒くなり、目立って困る「いちご鼻」の原因になることもあります。

[ 2 ] 毛穴の開きによる黒ずみ
黒ニキビ以外にも、毛穴の角化異常により毛穴の出口周囲がすり鉢状・クレーター状にへこむと、影となり黒く見えることがあります。

[ 3 ] 色素沈着による黒ずみ
肌は紫外線などから刺激を受けると、肌を守ろうとメラニン色素を生み出します。このメラニン色素が毛穴のくぼみやその周囲に色素沈着を起こすと、黒く見えることがあります。

そもそもニキビってどうやってできるの?

毛穴の黒ずみの一種に黒ニキビの正体があることについて紹介しました。では、そもそもニキビとはどのようにできるのでしょうか?
ニキビとは、皮脂が過剰に分泌したり、角質が厚くなることにより、皮脂が毛穴に詰まって引き起こされます

ニキビの進行には段階があり、毛穴の出口がふさがれた中に皮脂が溜まる状態を「白ニキビ(閉鎖面皰(へいさめんぽう))」と言います。白ニキビの状態から毛穴の出口が開いて表面が酸化により黒くなったものを「黒ニキビ(開放面皰(かいほうめんぽう))」と呼びます。

「黒ニキビ」とは、文字通り黒っぽく見えることからこう呼ばれるのですが、毛穴が黒く見えるのにはこれら2つの理由があります。
・毛穴が開いて影になっている
・詰まっている皮脂が酸化され黒くなっている

「白ニキビ」や「黒ニキビ」は炎症が起きていないニキビですが、皮脂詰まりがあると皮脂が大好きなアクネ菌が増殖して炎症を起こし「赤ニキビ」となります。
「赤ニキビ」は、痛みを伴ったり後々ニキビ跡となったりするため、炎症のない「白ニキビ」「黒ニキビ」の段階から対処してあげることが重要ですよ。

黒ニキビ・黒ずみがある時にやってしまいがちな間違いケアとは?

「黒ニキビ」や「毛穴の黒ずみ」は目立ちますし、早く自分で何とかきれいにしたいと思うでしょう。ただし自己判断で間違ったケアをすると悪化してしまいます。
間違ったケアをしないよう、ケアの見直しをしましょう。

押し潰して黒ずみを出す
手や綿棒、面圧用の器具で黒ずんでいるところを無理に潰そうとすると後々ニキビ跡となってしまう場合があります、大きく目立つものは皮膚科で面圧の処置をしてくれるので、相談してみると良いでしょう。

過剰な刺激
摩擦が強いと色素沈着ができて黒ずむことがありますし、必要な皮脂まで奪われて肌が乾燥することもあります。肌が傷ついてトラブルにならないよう注意しましょう。

何度も毛穴パックを使用する
貼ってから少し乾燥させてはがすタイプの毛穴パックは、角栓が目に見えて取れるため、やみつきになって何度も使用してしまう方がいます。皮膚に対する刺激が強いこと、何度も繰り返すと毛穴がより広がってしまうことがあるのでやりすぎには注意が必要です。すくなくとも2週に一度くらいにして、パックをした後は必ず保湿をしましょう。

黒ニキビを悪化させないためには?

黒ニキビや毛穴の黒ずみをなくしていくためには、日々のケアが肝心です。
まずスキンケアの基本をおさらいしましょう。

自宅でのスキンケア方法

洗顔は石けんをよく泡立てて、皮脂の分泌が多いTゾーンから洗います。小鼻周りやこめかみなど洗い忘れが多いところも円を描くように優しく洗いましょう。

洗い流す時はぬるま湯ですすぎ、この時もすすぎ残しのないようにします。洗顔後は必ず早めに化粧水・乳液で保湿しましょう。

皮膚科での治療方法とは?

正しいケアをしているのにニキビが改善されない場合は、皮膚科や美容皮膚科に診察してみると良いでしょう。

皮膚科での保険治療
まずは、保険診療について紹介します。

[ 1 ] 塗り薬(レチノイド、過酸化ベンゾイル)
厚くなった角質をはがしたり、薄くしたりすることで毛穴の詰まりを解消、炎症をやわらげる作用があります。ただし、肌の乾燥や皮がむける、ヒリヒリするなどの刺激症状が出る場合があるため、塗り方などは医師の説明をよく聞いて使用しましょう。

[ 2 ]飲み薬(ビタミンB2、ビタミンB6)
ビタミンB2とB6 が不足していると皮脂が過剰に分泌したり皮膚のターンオーバーが乱れたりし、ニキビのできやすい肌となってしまいます。飲み薬でビタミンを摂取することでニキビに効き目が見られることも。

皮膚科での自費診療
続いて、自費診療(保険対象外)についても紹介しましょう。

[ 1 ] ケミカルピーリング
古い角質を取ってくれるので、毛穴詰まりを解消します。ピーリングは、真皮のコラーゲンを増やす作用もあるため。毛穴のゆるみも改善され、毛穴が目立ちにくくなる作用もあります。

ケミカルピーリングは水分を保つ力と紫外線から肌を守る作用を弱くするため、念入りに保湿と紫外線予防をするようにしましょう。

[ 2 ] ビタミンC誘導体のイオン導入
イオン導入とは、微量の電流を流して美容成分を肌に浸透させること。手で美容液を塗るのに比べ、イオン導入では数十倍の濃度で浸透する特徴があります。

黒ニキビには、皮脂の分泌の抑制や毛穴の引き締め効果のあるビタミンC誘導体がおすすめです。

[ 3 ] 塗り薬(レチノール、トレチノイン)
レチノールやトレチノインとは、ビタミンAの一種。ピーリング効果があり、ニキビや毛穴の黒ずみに有効です。ケミカルピーリングと同じく、毛穴のゆるみも改善し毛穴を目立ちにくくする作用もあります。

濃度が強いと皮めくれしたり、ヒリヒリしたりする刺激症状が出る場合があります。使用する時は医師の説明をよく聞いてくださいね。

また、大人のニキビの1つである黒ニキビは、ストレス睡眠不足偏った食事などの生活習慣が原因となってホルモンが乱れ、免疫力が低下して引き起こされることが多いです。
「黒ニキビ」は放置していると炎症を伴う「赤ニキビ」へと発展してしまいますから、改めて生活習慣を見直し、黒ニキビのうちにニキビを解消しましょう!

この記事をシェアする

私がお答えしました

皮膚科医 梅田さやか
肌クリニック 表参道皮膚科院長。過去に自身が肌に悩んだ経験を活かし、女性が美しくあるお手伝いをいたします。

関連する記事