Q

きれいな肌にも存在する?アクネ菌ってなに?

肌のポツポツが気になり始め、ニキビケア用の化粧品を探しています。よくアクネ菌という言葉を目にしますが、アクネ菌はやっぱり肌によくない菌ですか?アクネ菌を増やさないためにはどうしたらよいのでしょうか?

専門家からの回答
アクネ菌に病原性はないですが繁殖するとニキビの原因に。ニキビ予防にはホルモンバランスを整え保湿ケアをしましょう。
3行でまとめると?
  • アクネ菌は皮膚の常在菌で、肌を守ってくれる
  • アクネ菌は酸素のない閉塞した毛穴で皮脂が過剰になると増殖する
  • アクネ菌を増やさないために保湿重視のスキンケアと規則正しい生活を意識する

アクネ菌とはどんな菌?

ニキビに悩む皆さんの中に、「ニキビができるのは菌が悪い!」と思っている方はいらっしゃいませんか?
中にはニキビの原因菌をなくすために消毒したり、洗顔しすぎていたりする方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ニキビの原因の一つに菌が関係するのは一概に間違いではありません。しかし、ニキビができるのは菌だけが悪いわけではありません。

ニキビの原因菌について知ることで、ニキビのできにくい肌を目指しましょう!

病気から守ってくれる「常在菌」
ニキビの原因となる菌は数種類いますが、主に関与しているのはアクネ菌と言われる細菌です。アクネ菌は皮膚の「常在菌」と言って、すべての人の肌にもともと共通して住んでいる菌です。

常在菌にはアクネ菌だけでなく、
・マラセチア
・カンジタという真菌(カビ)
・ブドウ球菌という細菌
など、数多くの菌が存在します。

肌にいつも菌がいると思うとびっくりする方も多いかもしれませんね。
しかし常在菌には通常病原性がないため、人体に悪い影響を及ぼすことはありません。むしろ、皮膚の免疫に関係し、病気の原因となる菌や物質から肌を守ってくれている重要な役割があります。

アクネ菌とニキビの関係とは?

では、普段は悪さをしないアクネ菌がなぜニキビの原因になるのでしょうか。

繁殖するとニキビの原因に
先ほど常在菌は皮膚を病気から守ってくれるとお話ししました。
しかし、常在菌は些細なことでバランスが崩れると、繁殖して肌トラブルを起こします。

アクネ菌もしかり、普段は皮膚を酸性に傾けることによって肌を病原菌や花粉などの外的な刺激から守ってくれていますが、アクネ菌が住みやすい肌環境になるとニキビを作る原因菌となってしまうのです。

アクネ菌の性質とは?
それにはアクネ菌の「嫌気性」「好脂性」という二つの性質が関係しています。この性質がうまく合わさる状況になるとアクネ菌は必要以上に繁殖し始めます。

あまり聞かない言葉ですが、「嫌気性」とは酸素を好まないという性質のことです。したがって、アクネ菌は酸素が少ないところで繁殖しやすくなります。

もう一つの「好脂性」とは、皮脂を好み、皮脂を栄養にして繁殖する性質のことです。アクネ菌は皮脂の多いところで繁殖しやすくなります。

ニキビができるメカニズムとは?
もともとニキビは、皮膚のターンオーバー(生まれ変わり)が乱れることで、毛穴の角質が厚くなり、毛穴が閉塞することから始まります。

毛穴が閉じていると酸素の供給が減るため、酸素の嫌いなアクネ菌が繁殖しやすくなります。また、閉塞した毛穴の中で皮脂が過剰に分泌されると、皮脂を栄養とするアクネ菌がさらに繁殖しやすくなってしまうのです。

アクネ菌は皮脂を栄養とした時、皮脂を分解して遊離脂肪酸を作り出します。それとともに炎症を引き起こす因子もいっしょに産生するため、赤いニキビを作りだします。

これが、普段は悪さをしないアクネ菌が赤く腫れるニキビを作りだす過程です。

アクネ菌を増やさないためにできる対策とは?

ではニキビを改善するにはどうしたらいいのでしょうか。
ニキビケア商品の広告等で、『アクネ菌を殺菌する』と書いてある商品もありますよね。しかし、アクネ菌は肌を守る働きがあり、増殖さえしなければ人体に必要な細菌です。それがわかればアクネ菌すべてを排除しようとするのは間違った考えだということがおわかりになるでしょう。

ニキビを改善したい時は、アクネ菌をなくすのではなく、アクネ菌を増やさない環境を作ることが大切です。アクネ菌を増やさない環境にするためには、毛穴の閉塞を防ぐこと、皮脂の過剰状態を作り出さないことがポイントです。

保湿ケアでターンオーバー正常化
毛穴が塞がるのは、皮膚の代謝が落ちてターンオーバーが遅れることに原因があります。肌が乾燥しているとターンオーバーが遅れ、毛穴が塞がりやすくなってしまいますから、しっかり保湿するスキンケアで、うるおいのある肌を保ちましょう。

また、洗顔をしすぎすると肌の乾燥を助長して、かえってニキビをできやすくすることがあるので気をつけましょう。

ホルモンバランスを整える
皮脂の過剰分泌の原因は、ストレスや食事の偏り、睡眠不足などによって自律神経がバランスを崩し、男性ホルモンが多く分泌されることにあります。

女性の場合は生理前に黄体ホルモン(プロゲステロン)という女性ホルモンが優位に分泌され、このプロゲステロンが皮脂の分泌を活発にします。

規則正しい生活やストレスを溜め込まない生活で、ホルモンバランスを整えるようにしましょう。軽い運動や入浴も自律神経を整いやすくしますのでおすすめですよ。

ニキビの原因を踏まえ、ニキビができにくい肌、できても悪化しにくい肌を手に入れましょう!

この記事をシェアする

私がお答えしました

皮膚科医 梅田さやか
肌クリニック 表参道皮膚科院長。過去に自身が肌に悩んだ経験を活かし、女性が美しくあるお手伝いをいたします。

関連する記事

  • 17.04.12

    ニキビ基本マニュアル:ニキビの原因から改善方法まで

    17.04.12

  • 15.04.09

    漫画で知る!大人ニキビの新事実

    15.04.09