Q

ニキビ跡を改善できる?イオン導入とは?

昔からあるニキビ跡が気になっています。ニキビ跡にイオン導入がいいと聞いたことがあるのですが、イオン導入とはなんですか?

専門家からの回答
イオン導入は微弱電流で肌に美容成分を浸透させる美容方法です。ニキビ跡にはビタミンC誘導体をイオン導入すると効果的です。
3行でまとめると?
  • イオン導入は、微弱電流を使って通常は浸透しにくい美容成分を肌の奥に運ぶ
  • ビタミンC誘導体のイオン導入はニキビ跡の色素沈着や凹凸に有効
  • イオン導入以外では保湿重視のケアと紫外線予防が重要

イオン導入とは?

イオン導入とは、微量の電流を用いてイオン化した物質(薬剤)を無痛的に皮膚に浸透させる美容方法のことです。イオン導入はイオントフォレシス、イオンフォレーシスなどとも呼ばれています。

美容成分の浸透を高める
皮膚の仕事の一つは、外的刺激から体を守るバリアになることです。
このバリア機能によって化粧水や乳液、クリームなどの美容成分は通常、角質層よりも奥に浸透することができません。

そこで、イオン導入を行うと、そのままでは浸透しにくい「ビタミンC誘導体」や「プラセンタ」などの美容成分を角質より深く、肌の真皮と言われる部分まで運ぶことができるのです。

また、化粧水などを手で塗るのに比べて、イオン導入は数十倍の濃度で浸透し、効果を発揮することが分かっています。

イオン導入の仕組みとは?
「そもそも、イオンってなに?」と思われた方も多いでしょう。
中学生の頃に化学の授業などで教わったことを少し思い出していただければと思います。

この世のすべてのものは原子という小さな粒でできています。イオンとは、この原子が+や-の電気を帯びたものを言います。+の電気を帯びるか、-の電気を帯びるかは、原子の種類によって決まっており、+の電気を帯びたものを陽イオン、-の電気を帯びたものを陰イオンと言います。

イオン導入ではビタミンC誘導体などの美容成分に弱い直流の電気を流します。そうすると、美容成分は陽イオンと陰イオンのどちらかに帯電します。例えば、ビタミンC誘導体は電流を流すと陰イオンになります。

イオン導入を受けるには顔の皮膚に-の電極のローラーを当て、手に+の電極を持ってもらいます。陰イオンのビタミンC誘導体は、顔の-に帯電したローラーとマイナス同士反発しあい、電極から遠ざかろうとして、肌の内部に浸透していくといった仕組みになっています。

ニキビ跡への効果とは?

イオン導入では、電流を流すとイオン化する物質のみを使用することができます。

イオン導入できるものには以下があります。
・ビタミンC誘導体
・トラネキサム酸
・グリシルグリシン
・アミノ酸

それぞれの成分によって、ニキビやくすみ、シミ、アンチエイジングなどに効果的です。

ビタミンC誘導体
ニキビ跡にお悩みの時にイオン導入を行うのであれば、ビタミンC誘導体がおすすめですよ。

ビタミンCには不安定で皮膚に浸透しにくいという性質があります。
そこで、安定しやすいように一部をリン酸塩に置き換えたものをビタミンC誘導体と言い、ビタミンC誘導体は皮膚に浸透しビタミンCとして働きます。

ビタミンCの効果
[ニキビ跡の美白]
ビタミンCには、色素沈着の原因となるメラニンを薄くしたり、メラニンが作られるのを阻害する働きがあり、茶色くなったニキビ跡に対する美白効果があります。

[ニキビ跡の凹凸の緩和]
またビタミンCは真皮のコラーゲン合成を促進する作用で肌のハリを出すため、ニキビ跡の凹凸に有効です。

[皮脂分泌の抑制]
もともとビタミンCはニキビ跡だけでなく、ニキビ予防や今できているニキビの改善効果があります。ビタミンCには皮脂の分泌抑制や毛穴をひきしめる作用があるため、ニキビの予防になります。

[抗酸化・炎症の抑制]
また、ビタミンCには炎症によってできた活性酸素を除去する抗酸化作用があり、できているニキビの炎症を抑えます。

ニキビ跡のセルフケア方法とは?

自宅でイオン導入
イオン導入をする機械をイオン導入器と言います。イオン導入器はクリニックで施術するものの他に、自宅でできるイオン導入器も販売されています。

イオン導入は刺激の強さや時間に比例して美容成分の浸透度が高まります。クリニックで施術するイオン導入器の方が自宅でできる導入器より電流を強く流すことができるため、美容成分の浸透は高くなります。

しかし、忙しくてなかなか通院できない方や、費用面でのハードルがある場合は、セルフケア用のイオン導入器を試してみてもいいでしょう。

自宅で行う場合は、どんな化粧水でもイオン導入できるわけではありませんので、イオン導入用の化粧水を使って導入するようにしましょう。

保湿
イオン導入以外に、自宅でできるニキビ跡のセルフケアでは、第一に保湿が重要です。保湿されている肌は、肌の代謝が高まるためにニキビ跡が消えやすくなります。ヒアルロン酸セラミド等の水分保持機能を持った成分を含む保湿効果がある基礎化粧品を使うようにしましょう。

紫外線対策
紫外線は皮膚を乾燥させ、肌の代謝を遅らせます。また、紫外線から肌を守るためにメラニンが生成されやすくなり、色素沈着ができやすくなったり濃くなったりします。
ニキビ跡が気になる時は、紫外線予防も必ず忘れずに行いましょう。

ピーリング剤
肌の代謝を高めるには、石鹸タイプなどのピーリング製剤の使用もおすすめです。ピーリングで余分な角質を取った後に、イオン導入するとイオン導入の効果が高まります。

イオン導入で美容成分を浸透させることにより、ニキビ跡を緩和することができますが、お肌には生活の乱れや日頃のスキンケアが大きく影響します。生活の乱れを見直して、ニキビやニキビ跡ができないお肌を目指しましょう!

この記事をシェアする

私がお答えしました

皮膚科医 梅田さやか
肌クリニック 表参道皮膚科院長。過去に自身が肌に悩んだ経験を活かし、女性が美しくあるお手伝いをいたします。

関連する記事

  • 15.07.01

    ニキビ跡を皮膚科で治す方法とは?どんな治療?

    15.07.01

  • 15.04.09

    漫画で知る!大人ニキビの新事実

    15.04.09