Q

お酒もニキビの原因になるの?

最近ニキビが一気にできてしまいました…仕事の付き合いや友人との飲み会が続いていたので、それが影響したのでしょうか?お酒とニキビに関係はありますか?どうしてもお酒が続いてしまう場合は、どのようにニキビを防いだらいいのか教えてください。

専門家からの回答
糖質が多くビタミンBを消費するアルコールはニキビの原因になることが。選び方に注意しましょう。
3行でまとめると?
  • お酒はニキビの原因になることがある
  • お酒による糖質過多、ビタミンB不足、睡眠障害がニキビの原因に
  • お酒を選ぶときはウイスキーか焼酎を適量

お酒の体への影響とは

春は歓送迎会、夏は納涼会、冬は忘年会など、一年を通してお酒の付き合いは、大人にとって欠かせないものですね。お酒が好きな方は、毎日のように晩酌をすることもあるでしょう。

お酒の健康被害については、肝臓への負担やがんのリスクになることは有名ですが、肌への影響もゼロではありません。

ただし、お酒は「適量」であれば、死亡率が低くなるという研究結果も出ています。
また、お酒は精神的なストレスの解消には有効です。ストレス解消は、二キビにはもちろん、健康にとって欠かせません。適切な量を守って、お酒とうまく付き合っていくのが大切です。

お酒とニキビの関係とは

お酒が与えるニキビへの直接的な影響

糖質の過剰摂取
お酒にも種類がありますが、お酒には糖質の多いものが多いです。特にビールや日本酒は糖質が高いと言えます。糖質の摂りすぎは皮脂の過剰分泌を促し、ニキビへとつながります。

ビタミンB群の不足
また、アルコールは体内で分解されるときにビタミンB群を消費します。ビタミンB群は皮脂分泌のコントロールを担う、肌には必須のビタミンです。飲酒でビタミンB不足になるとニキビができやすくなります。

そのため、飲酒をする時は注意が必要です。

お酒が与えるニキビへの間接的な影響

また、アルコールは直接的にニキビに影響するだけでなく、間接的な影響も与えます。

睡眠不足
アルコールを摂取すると眠りが浅くなり、睡眠不足に陥りやすくなります。
睡眠不足が続くと、肌のターンオーバーを乱し、皮膚の角質が肥厚、毛穴が詰まりやすくなります。また、睡眠不足によって免疫力が下がると、アクネ菌がより繁殖しやすくなり、ニキビを招いてしまいます。

男性ホルモンの過剰分泌
また、睡眠不足で交感神経が優位に働くと、男性ホルモンの分泌が促されます。
男性ホルモンは皮脂の分泌を増加させ、ニキビのできやすい肌にしてしまいます。

化粧の落とし残し
女性の場合、誰しも思い当たる経験があるかもしれませんが、お酒を飲んだ後帰宅して、化粧を落とさずにそのまま寝てしまったことはありませんか?

長時間お化粧をしたままだと肌への負担が大きく、ニキビをはじめとした肌荒れの原因になります。お化粧は寝る前には必ず落として、保湿してから寝るようにしましょう。

ニキビにやさしいお酒の飲み方とは

糖質や脂質を避けて嗜む
お酒を選ぶときには、糖質の少ない焼酎、ウイスキーがいいでしょう。糖質の多いビール、日本酒は避けるか少なめにしましょう。

ワインにも糖質が含まれていますが、ビールなどに比べれば少なめで、ポリフェノールやミネラルが含まれていますので、ワインは2杯くらいなら許容範囲でしょう。

ただし、どんなお酒も飲みすぎはNG。適度な量にとどめるのが肝心です。

お酒のおつまみを選ぶときは、揚げ物など脂質の多いものや糖質の多いものは避けて、枝豆や野菜スティックなどを選ぶといいでしょう。

ニキビがあるからといって、お酒を諦めないで、お酒の種類や量、おつまみに気を付けて、お酒を飲んでもスキンケアは怠らないようにしていきましょう。

この記事をシェアする

私がお答えしました

皮膚科医 梅田さやか
肌クリニック 表参道皮膚科院長。過去に自身が肌に悩んだ経験を活かし、女性が美しくあるお手伝いをいたします。

関連する記事

  • 16.02.25

    食べ過ぎが原因?胃腸の疲れと大人ニキビの関係とは?

    16.02.25

  • 15.04.09

    漫画で知る!大人ニキビの新事実

    15.04.09