Q

生理前のニキビの正しいケア方法とは?

ここ何ヵ月かニキビができたり消えたり…そこで気が付いたのですが、生理前のタイミングでニキビができているようです。よく生理前にニキビができると聞きますが、なぜ生理周期に伴ってニキビができるのでしょうか?また、生理前にできるニキビのケア方法についても教えてください。

専門家からの回答
生理に伴うホルモンバランスの変動でニキビができます。生理前は保湿に重点を。
3行でまとめると?
  • 大人のニキビの原因は生活習慣の乱れや女性ホルモンの影響など
  • 生理前のニキビは黄体ホルモンの影響でできやすくなる
  • 生理前は保湿で守りのケア、生理後はピーリングなどの攻めのケアを

大人のニキビの原因とは

大人のニキビは原因解明できない?
ニキビができると、「使っている化粧品がいけないの?」「洗顔で汚れが落ちきっていないのかも?」と、はっきりとした原因を求めたくなるものです。

しかし、大人のニキビは原因がはっきりすることはまれであり、原因を特定することは難しくなっています。なぜなら、大人になってからのニキビは多くの場合、様々な原因が複雑に関係しているからです。

ニキビのさまざまな要因とは?
大人のニキビはストレスや食事、睡眠などの生活リズムの乱れが続いて、ホルモンバランスが崩れることでできやすくなります。

また、女性の場合は女性ホルモンの影響で、生理周期に合わせてニキビができやすくなることがあります。

大人のニキビと生理の関係とは

女性の体では、2種類の女性ホルモンの分泌量が周期的に増減することで生理が起こっています。

肌の調子がよくなる卵胞期
生理の終わりから排卵日の間は、卵胞期といい、卵胞ホルモン(エストロゲン)が分泌のピークとなります。卵胞ホルモンは肌に潤いやハリを与え、肌の調子を整えるホルモンです。

ニキビができやすい黄体期
そして、排卵日から生理の間は、黄体期といい、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が多くなります。卵胞ホルモンが美肌のホルモンなのに対し、黄体ホルモンは皮脂の分泌を促して毛穴を詰まりやすくします。そのため、黄体期は肌が敏感になりやすく、ニキビができやすくなります。

このため、女性は生理前から生理中にかけてニキビができやすくなるのです。

生理前のニキビの解消方法とは

生理前のニキビに悩む方は、生理周期に合わせたケアをしてみましょう。

生理前や生理中は保湿に重点を
生理前や生理中は黄体ホルモンの影響で、肌が敏感な時期です。肌のバリア機能を保つためにも、保湿に重点をおくケアをしましょう。洗顔後には化粧水と美容液やクリームを塗って保湿をします。

ニキビができはじめたからといって、色々なスキンケアを試すと肌が余計に荒れることがあるので、生理前の時期は注意しましょう。

生理前のニキビ対策は内側からも
ニキビを治すには、リラックスやストレス対策、免疫力の強化が大切です。免疫力高めるためには十分な睡眠や入浴が大切ですし、リラックスしたりやストレスを和らげるためには湯船につかったり、軽い運動をしたりするのが大切です。

また、皮脂が多く出やすい生理前は、糖質や脂質の摂りすぎを控えましょう。皮脂をより増やしてしまう可能性があるので、甘いものは適度に、和食中心の食事をするようにしてみてください。

生理後は攻めのスキンケアを
肌の調子が整いやすい生理後は、余分な角質を取って毛穴のつまりを予防するピーリングを行ってみるのもいいかもしれません。また、生理後は新しい化粧品を試すのにもおすすめの時期です。

肌が敏感になりニキビができやすい生理前は保湿中心の守りのケア、肌の調子がよくなってくる生理後はスペシャルケアで攻めのケアを行い、美肌を目指しましょう!

この記事をシェアする

私がお答えしました

皮膚科医 梅田さやか
肌クリニック 表参道皮膚科院長。過去に自身が肌に悩んだ経験を活かし、女性が美しくあるお手伝いをいたします。

関連する記事