Q

冬なのにテカる!冬のテカリ肌の原因とは?

私は汗をかかない寒い季節でも、顔が皮脂でテカってしまいます。あぶらとり紙で皮脂をおさえたり、洗顔にも力をいれたりしているのですが、なかなか改善されません。冬のテカリはなぜ起こるのでしょうか。テカリ肌の原因と対処方法を教えてください。

専門家からの回答
テカリ肌の原因は乾燥かもしれません。しっかり保湿しましょう。
3行でまとめると?
  • 冬のテカリはインナードライが原因かも
  • 皮脂を取りすぎるのは逆効果
  • テカリ肌には徹底した保湿が大切

冬のテカリ肌、実は乾燥が原因かも?

冬になってもあぶらとり紙が手放せず、肌のテカリが気になるという方。「私は脂性肌だから…」とあきらめていませんか?しかし、そのテカリの本当の原因はインナードライかもしれません。

インナードライとは、肌の表面は皮脂でテカっているのに、肌の奥は水分量が少なく、実は乾燥している肌のことを言います。肌は、表面に皮脂で油膜を張ることで肌の水分蒸発を防ぎます。肌が乾燥して水分量が少なくなると、これ以上乾燥させまいと皮脂をたくさん出して、肌の水分蒸発を防ごうとするのです。これがインナードライの状態です。

インナードライの肌は皮脂が多くて化粧崩れしやすいだけでなく、皮膚のターンオーバーが遅れて、ニキビやくすみなどのトラブルを起こすこともあるので正しくケアしましょう。

テカるからといって○○してはダメ!

テカリが気になるとどうしても、そのテカリを取ろうと何度も顔をゴシゴシと洗ってしまったり、ピーリング用品を使ってみたり、あぶらとり紙で何度も皮脂を取ったりしてしまうものですよね。

でも、それらの行為はインナードライ肌にとってはNG。皮脂が過剰だからといって、その皮脂を取ってしまうのは実は逆効果です。さらに乾燥が進み、肌はそれ以上に皮脂を過剰に分泌して肌を守ろうとする悪循環に陥ります。冬こそ要注意!冬の大人ニキビを悪化させるNGケア集で紹介しているように、大人ニキビの原因になってしまうことも。

また乾燥している肌はデリケートなため、洗顔やあぶらとり紙の使用による摩擦が何度も繰り返されると、肌が傷ついてしまうこともあるので注意しましょう。

肌のテカリを感じたら…

肌のテカリを感じたら、インナードライの対策=肌の乾燥対策が必要です。つまりは徹底した保湿が大切です。まず洗顔ですが、寒いからといって熱いお湯で顔を洗うと、必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥が進んでしまいます。人肌程度のぬるま湯で優しく洗顔しましょう。また使用する洗顔料も、洗浄力の強すぎるものは必要な皮脂まで落としてしまうことがありますので、注意しましょう。

洗顔後はすぐに保湿成分の含まれた化粧水で肌に水分を補い、保湿液やクリームなどの油膜でふたをして、水分蒸発を防いであげるようにしましょう。

この記事をシェアする

私がお答えしました

皮膚科医 梅田さやか
肌クリニック 表参道皮膚科院長。過去に自身が肌に悩んだ経験を活かし、女性が美しくあるお手伝いをいたします。

関連する記事