Q

大人ニキビが悪化してしまった時の対処法とは?

先日、おでこやアゴに小さなニキビができてしまったのですが、最近、このニキビがどんどん大きくなって悪化してしまいました。ニキビが悪化した時には、どのように対処すればいいのでしょうか?

専門家からの回答
ニキビの悪化を防ぐには、生活を見直して早めにニキビを治すようにしましょう。
3行でまとめると?
  • ニキビは日々のケアが大切
  • ニキビができたら早めのニキビケアが肝心
  • 肌診断などを利用してニキビのできる原因を探ろう

ニキビやニキビ跡は治りづらい?!

大人のニキビは思春期ニキビと違い、できる要因はさまざまです。睡眠・食事などの生活習慣、ストレス、喫煙、スキンケアの製品、スキンケアの仕方、生理周期によるホルモンの変化などなど…これらが複雑に絡みあうことでニキビはできてしまいます。

ニキビができる前と生活は変わっていないと思っても、少しずつの積み重なりが肌に影響し、ニキビとして表れてくるのです。そのためニキビができたら、そのうち治るだろうと放置してはいけません。

原因が複雑な分、大人のニキビは治りづらく、悪化するとニキビ跡になってしまいます。皮膚の再生能力は年齢と共に低下するため、もしニキビ跡になってしまったら、さらに治りづらくなります。大人のニキビは日々の積み重ねでできてしまうもの、日頃からきちんとニキビケアすることが重要です。

大人のニキビ、悪化の仕方は?

ニキビは、毛穴表面の角質が厚くなり、毛穴の出口が塞がれることで始まります。皮脂が過剰に分泌されて、毛穴に皮脂がたまって塊となったものが「白ニキビ」です。白ニキビにアクネ菌が繁殖し、炎症を起こして、「赤ニキビ」になります。白ニキビや赤ニキビの状態なら、きちんとケアすることでニキビ跡までひどくならないことが多いでしょう。

しかし、赤ニキビがさらに悪化すると、膿をもった「黄色ニキビ」になります。膿がうまく出ないと、毛穴のまわりまで炎症が広がって、しこりのようになり痛みのあるニキビとなります。ここまで悪化してしまうと、がんばってケアをしてもニキビ跡になってしまうことが多いです。

ニキビ跡のできやすさは人それぞれですが、ニキビ跡にならないように、ニキビに気づいたら早めに対処することが大切です。ニキビがなかなか治らない時は皮膚科で相談してみるのもいいでしょう。皮膚科では、保険内・外の色々な治療があるので、個々にあった治療をしてくれます。

どうやってニキビの原因を探すの?

先にも述べたように、ニキビの原因はさまざまです。その原因を探って、対処方法を見つけることがニキビを治す近道かもしれません。自分で原因を突き止めにくい場合は、ウェブサイトなどで掲載されている肌診断を活用してみるのもいいでしょう。 ※質問に答えるだけでニキビの原因を探る、大人ニキビチェックはコチラ

また、食べた物や食べた時間を手帳に残して、食生活に見直しが必要か考えたり、ニキビのできる時期をカレンダーに残して、ニキビに周期性があるのかをみたり、スキンケアや化粧品選びを見直したりするのも一つです。

自分の気づいていないところに、ニキビの原因が見つかるかも知れません。原因を探して、ニキビを根本的に解決することが大切です。

この記事をシェアする

私がお答えしました

皮膚科医 梅田さやか
肌クリニック 表参道皮膚科院長。過去に自身が肌に悩んだ経験を活かし、女性が美しくあるお手伝いをいたします。

関連する記事

  • 15.04.09

    ニキビを増やし悪化させる原因は「睡眠不足」だった!

    15.04.09

  • 15.07.16

    ニキビ跡を皮膚科で治す時の料金とは?

    15.07.16