15.07.16 更新:17.05.17

Q

大人ニキビの治し方[ 4 ]ファンデーションの選び方、塗り方とは?

最近、おでこやアゴにニキビができるようになってしまいました。ニキビケアはもちろんしているのですが、すぐには治らず、目立っているため気になります。ニキビをできるだけ悪化させずに、上手に隠すにはどのようにすればいいのでしょうか?ニキビができてしまった時のファンデーションの選び方や塗り方について教えてください。

専門家からの回答
ニキビ肌にはファンデーションや下地の油分に気をつけましょう。
3行でまとめると?
  • ニキビはホルモンバランスの影響が大きい
  • ニキビにはパウダーファンデーションやルースパウダーがおすすめ
  • ファンデーションの前には、保湿をしっかりと!

ニキビができている時は負担の少ない化粧品選びを

繰り返しできてなかなか治らない頑固なニキビ…その原因は睡眠や食事などの生活習慣やストレス、生理周期に伴うホルモン変化が原因と言われています。規則正しい生活が大人ニキビケアには大切ですが、そうは言っても、今の生活を急に変えたり、ストレスをゼロにしたりすることは難しいのが現実です。

毎日使う化粧品を肌に負担の少ないものにするだけでも、今以上のニキビ悪化を予防することに繋がります。ニキビにやさしいファンデーションの選び方、塗り方をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ニキビがある時のファンデーションの選び方、塗り方とは?

  

ニキビがある時のファンデーションの選び方とは?

おすすめはパウダータイプ
ニキビで悩まされている時のファンデーションのタイプは、ルースパウダーやパウダータイプのファンデーションがいいでしょう。

ルースパウダーは油分が入っておらず、肌色で粉状のものです。パウダーファンデーションは油分が含まれているものの、ファンデーションの中では油分が少なくできています。

リキッドやクリームタイプは要注意
油分が多く含まれているリキッドタイプやクリームタイプのファンデーションは、毛穴をふさいでニキビの悪化を招く可能性があるので、ニキビがある時は避けた方がいいでしょう。

コンシーラーを活用してニキビをカバー
ただし、パウダーファンデーションやルースパウダーはカバー力が弱い、という難点があります。できてしまったニキビは、できるだけ分からないように隠したいですよね。

そんな時はポイントでコンシーラーを使うといいでしょう。コンシーラーの色を選ぶ時は、自分の肌色よりやや暗めのものが目立たず、おすすめです。

ニキビ肌にファンデーションを塗る時のポイントとは?

ファンデーションを塗る前に保湿
ファンデーションを塗る前に、まずは保湿液などでしっかり肌を保湿しましょう。しっかり保湿されるとファンデーションののりがよくなります。

油分の多いものは要注意
化粧下地や日焼け止めには、やはり油分が多くないかのチェックが必要です。ノンケミカル、ノンコメドジェニックの表示があるものがいいでしょう。

コンシーラー→ファンデーションの順
まずコンシーラーでニキビをカバーしてから、ファンデーションを塗ります。コンシーラーは塗った後に指でポンポンと軽くなじませます。大人のニキビ肌用のコンシーラーを選ぶと良いでしょう。

パフやブラシはこまめに洗って清潔に
また、ファンデーションを塗る時に使用する化粧パフやブラシを、こまめに洗って清潔に保つことも大切。化粧パフやブラシが汚れていると雑菌が増え、ニキビの悪化の原因となります。

気になる大人のニキビは上手に隠しつつ、早めに治すようにしましょう。

私がお答えしました

皮膚科医 梅田さやか
肌クリニック 表参道皮膚科院長。過去に自身が肌に悩んだ経験を活かし、女性が美しくあるお手伝いをいたします。
編集部からのコメント

ニキビができている時の化粧のポイント

  

今回は、ニキビができてしまった時のファンデーションの選び方、塗り方について解説していただきました。

  

その他にも、ニキビができてしまった時に留意したい化粧のポイントを見ていきましょう。

コンシーラーを塗る時のポイントとは?

できてしまったニキビやニキビ跡を隠そうとコンシーラーを使用している人は多いと思います。

コンシーラーを使用する時のポイントとして、使うファンデーションのタイプによって塗る順番を変えてみましょう。以下の手順で塗るとよりカバー力を発揮することができるとされています。

パウダーファンデーション
コンシーラー→パウダーファンデーション

リキッドファンデーション
リキッドファンデーション→コンシーラー→フェイスパウダー

パフやブラシを清潔に保つには?

梅田先生の解説にもあったように、パフやブラシを清潔に保つためにはこまめに交換する・洗浄する必要がありますね。

化粧道具用の洗浄液なら、化粧品の汚れが落ちやすいようにできています。洗い替えに予備のパフやブラシを用意しておくと、こまめに洗浄することができますね。

ニキビの根本改善には時間が必要ですから、ニキビを悪化させないためにもファンデーションの選び方や化粧道具の管理を見直してみましょう!

この記事をシェアする

関連する記事