Q

大人ニキビを潰してしまった時にはどうしたらいいの?

先日、アゴに芯が黄色くなった大人ニキビがポツンとできてしまいました。赤いニキビだったので、潰さないように注意をしていたのですが、洗顔の時に爪が引っかかって、ニキビを潰してしまいました!赤いニキビを潰してしまった場合、どのように対処すればいいのでしょうか?

専門家からの回答
潰した後の初期対応が大切。ニキビ跡にならないためのケアをしましょう。
3行でまとめると?
  • 基本的に、大人ニキビは自分で潰さない
  • 大人ニキビを潰した時には、まず洗顔!
  • 洗顔後はきちんと保湿を

潰した大人ニキビを放置すると…消えにくいニキビ跡に!

基本的にニキビはできるだけ触ったりせず、また自分で潰したりしない方が安全です。潰したい場合は皮膚科で処置をしてもらうといいでしょう。

とは言っても、大人ニキビができると痒くなる人誤って引っかいてしまったり、洗顔やケア中に爪が引っかかったりして、ニキビを潰してしまうこともあるかもしれません。大人ニキビができると、ついつい気になって触ってしまい、気づいたら潰していた…なんてこともよくあります。そんな時には、早めの処置が肝心です。潰れた大人ニキビを放っておくと治りにくいだけでなく、ニキビ跡の原因になってしまいます。

もしも大人ニキビを潰してしまったら…まずは洗顔!

もしも「赤ニキビ」などを自分で潰してしまった時は、人肌程度のぬるま湯(36度前後)でよく泡立てた石鹸を使い、患部をやさしく洗いましょう。消毒はしなくても大丈夫です。最近は皮膚科では、傷に対して消毒は行いません。消毒薬が傷に刺激を与え、かえって治癒を遅らせてしまうという考えがあるからです。(手術など、病院で処置を行う前は別です。)

また、上手に洗顔できていれば、それだけで菌や膿は十分取り除けていますし、その後のケアを行えば問題ありません。やさしく洗顔をした後は、やはり人肌程度のぬるま湯でキレイに洗い流し、清潔なタオルで水気をやさしくふき取りましょう。

洗顔後は、とにかく保湿が重要!

洗顔後は、普段使っている化粧水や保湿液などで患部を保湿してください。肌がしっとりとした状態だと傷の治りも早くなります。大人ニキビ用の化粧品であれば、ほとんどが大丈夫だと思いますが、もし「しみる!」と感じる場合は使用を控えた方がいいでしょう。消毒と同じく、皮膚に刺激を与えると治癒が遅れる原因となるので気をつけましょう。

最後に、皮膚科で大人ニキビ用に処方されている外用薬(抗生物質の外用薬)がある場合には、綿棒などで塗ってください。それでも悪化する時は、皮膚科で相談しましょう。誤って潰してしまった大人ニキビには、初期対応が肝心ですので、早めのケアを心がけましょう。

この記事をシェアする

私がお答えしました

皮膚科医 梅田さやか
肌クリニック 表参道皮膚科院長。過去に自身が肌に悩んだ経験を活かし、女性が美しくあるお手伝いをいたします。

関連する記事