Q

大人ニキビができた時には、チョコやナッツは食べない方がいいの?

よくナッツやチョコレートを食べるとニキビができやすくなる!ということ耳にしますが、これは本当なのでしょうか?私はチョコレートが好きでついつい食べてしまうのですが、大人ニキビができた時には、チョコレートやナッツは食べない方がいいのでしょうか?

専門家からの回答
何でも摂りすぎはよくありません。バランスのいい食事を心掛けましょう。
3行でまとめると?
  • 大人ニキビの原因に特定の食材は関係ない!
  • 糖質、動物性脂肪などは、避けた方がいい栄養
  • ビタミン類は大人ニキビに効果的な栄養

やっぱり大人ニキビと食事は関係あるの?

「チョコやナッツを食べるとニキビができたり、悪化したりする」という話はよく聞きますし、実際に私も感じたことがあります。しかし、医学的にはチョコやナッツをはじめ他の特定の食べ物もニキビとの関連性は認められていません。

しかし、実際は毎日摂る食事から肌も作られるもの…大人ニキビと食生活は密接に関係していると言えます。ジャンクフードやコンビニのお弁当など、添加物の多い食事ばかり摂っていて、肌にいい訳がありません。大人ニキビで悩んでいる方で、偏食があったり外食が多かったりする方は食事に注意が必要です。

大人ニキビでもチョコやナッツは食べていい!でも…。

大人ニキビができる一因として、皮脂の過剰分泌が考えられます。甘いもの(糖質)、脂っぽいもの(動物性脂肪)、アルコールなどは、体内で皮脂の元となる「中性脂肪」に変わるため、摂りすぎは皮脂の過剰に繋がります。またコーヒーや紅茶に含まれるカフェインは、皮脂の分泌をコントロールしてくれるビタミンB群の吸収を妨げるため、過剰摂取には注意が必要です。

ただし、食べる量が問題なので、たくさん食べすぎなければ問題のない範囲と言えます。逆に好きな食べ物を極端に控えることが、かえってストレスになり、ニキビを悪化させることもあるので、大人ニキビに悩まれている方は、適度に気をつけましょう。

食事でニキビを寄せ付けない!

チョコやナッツとは違い、大人ニキビに悩んでいる人に積極的に摂取していただきたい栄養素は皮脂をコントロールしてくれるビタミンB2(卵、乳製品、うなぎ、レバー、納豆など)、ビタミンB6(マグロ、カツオ、鶏ささみ、さつまいも、バナナなど)です。

また新陳代謝を促し、毛穴がふさがるのを防いでくれるビタミンA(うなぎ、緑黄色野菜、海藻、乳製品など)や、抗酸化作用と色素沈着を防いでくれるビタミンC(緑黄色野菜、果実、イモ類など)、血液循環を改善してビタミンCと相乗効果のあるビタミンE(緑黄色野菜、カツオ、ウナギなど)も大切です。

また便秘も大人ニキビの原因となることがあるため、便秘解消につながる食物繊維(おから、納豆、モロヘイヤ、サツマイモ、キウイなど)を摂ると効果的でしょう。以上のような材料をもとに、脂肪分のすくない和食メニューが大人ニキビにはおすすめです。

この記事をシェアする

私がお答えしました

皮膚科医 梅田さやか
肌クリニック 表参道皮膚科院長。過去に自身が肌に悩んだ経験を活かし、女性が美しくあるお手伝いをいたします。

関連する記事