そばかすにはタイプがあった!そばかすができる原因とは?

3行でまとめると?
  • そばかすには2つのタイプがある
  • 紫外線はそばかすが濃くなる原因のひとつ
  • ターンオーバーを整えて、そばかす対策

そばかすのタイプ、あなたはどっち?

そばかすとは、鼻の周りや頬などにできる、小さな茶色いシミのこと。チャームポイントになる場合もありますが、量や色の濃さによっては悩みのタネになってしまうこともありますよね。

そばかすには、大きく分けて先天的なものと後天的なものがあると言われています。先天的なそばかすは、両親からそばかすができやすい体質が遺伝したことでできます。思春期に増えますが、大人になるに連れて目立たなくなる傾向にあるようです。

一方、後天的なそばかすには、さまざまな原因が関わっています。そばかすが気になる方も、防ぎたい方も、ぜひチェックしてみてくださいね!

夏に濃くなる?そばかすの原因とは

大人になってからそばかすができたり、子どもの頃にできたそばかすが大人になっても消えない場合、さまざまな原因が考えられます。紫外線、ターンオーバーの乱れ、お肌に負担をかけるスキンケア、栄養不足、過度のストレス、睡眠不足、妊娠・出産によるホルモンバランスの変化などです。

中でも大きな原因となるのが紫外線です。紫外線を浴びると、お肌は自らを守ろうとして、メラニン色素を生成します。通常なら、作られたメラニン色素は、お肌が生まれ変わるサイクルであるターンオーバーによって自然に排出されていきます。しかし、紫外線を多く浴びてメラニン色素が大量に生成されたり、生成し続けることで排出しきれない場合があります。排出されなかったメラニン色素は、お肌に定着してそばかすやシミになってしまうのです。

紫外線が強い春から夏にかけて、そばかすの色が濃くなると言われるのは、こういう理由だったんですね。

今すぐ始めたい!そばかす対策法

そばかすを増やさない・濃くしないために、まず重要なのが紫外線対策です。紫外線は、寒い季節も、くもりの日も降り注いでいるので、一年を通して対策が必要です。お肌には日焼け止めを塗り、屋外に出るときは日傘や帽子を使って紫外線を防ぎましょう。

ターンオーバーを整えることは、そばかす対策だけでなく、美肌を保つために大切なポイントです。過度なストレスは避け、バランスの良い食事と良質な睡眠を取り、肌に良い生活を心がけましょう。特にビタミンCは、メラニン色素の定着を防ぐ効果が期待できるので、積極的に摂りましょう。

また、メラニン色素は、摩擦などの刺激によっても生成されることが!洗顔などお手入れの際は、お肌をこすらないようにご注意を。低刺激のスキンケアアイテムを取り入れるのもいいですね。

これらの対策法は、お肌の透明感をキープしたり、若々しいハリや弾力を守るためにも役立ちます。美肌のために、ぜひ続けてみてくださいね。

この記事をシェアする

執筆:柏木亜衣

関連する記事