なかなか治らない大人ニキビ、「ビタミン不足」が原因かも!?

3行でまとめると?
  • しつこい大人ニキビには栄養面を見直そう
  • 美肌のために欠かせない栄養素「ビタミンB群」
  • 効率よいビタミン摂取で美肌を目指す

大人ニキビとは?

生理が近づいてくるとポツポツ…。睡眠不足が続いたり、ストレスが溜まってくるとポツポツ…。

大人になってからできるニキビは「大人ニキビ」と呼ばれ、思春期にできるニキビとは区別されています。思春期ニキビとは原因が異なっているため、大人ニキビの改善には、10代の頃のニキビとは違う対策が必要です。

大人ニキビの特徴とは?

大人ニキビの特徴に、ホルモンバランスの乱れが原因となっていることがあげられます。ホルモンバランスが乱れるのは生理前が代表的ですが、その他にも心理的・物理的にストレスを受けた時、ホルモンバランスが乱れやすくなります。

また、乾燥が原因になっているのも大人ニキビの特徴です。皮脂の過剰分泌が原因になっていた10代の頃のニキビと違って、乾燥による毛穴のつまりなどが原因となります。

このように手強い大人ニキビ。改善するためにはどのような対策が必要なのでしょうか?美容ライターの柏木さんに、大人ニキビの改善方法について伺いました。

食生活の乱れも大人ニキビの原因に

毎日スキンケアしても、なかなか治らない大人ニキビ。「どうしたらいいの?」と泣きたくなっちゃうこともありますよね。大人ニキビにはさまざまな要因が関わっていますが、ホルモンバランスをはじめ、体の内側からの影響も大きいもの。しつこいニキビにお悩みの大人女子は、毎日の食生活も見直してみる必要がありそうです。

忙しくて外食が続いたり、ダイエットで過度な食事制限をしたりすると、体に必要な栄養素が不足しがちです。例えば、ビタミンは美肌のために大切な栄養素のひとつ。各種ビタミンが不足すると、皮脂分泌が過剰になったり、ターンオーバーが乱れてしまうことも。大人ニキビができやすく、また悪化しやすい肌状態に陥ってしまう可能性があるんです!

各種ビタミンは、サプリメントなどで補うこともできますが、ビタミン豊富な食材を積極的に摂ったり、外食でもメニュー選びに気をつけたりすることで、摂取量を増やすことが可能です。大人ニキビ撃退に欠かせないビタミンと、含有量の多い食材をチェックしておきましょう!

その大人ニキビ、ビタミンB群が足りてないかも?

大人ニキビができやすく治りにくい場合、ビタミンB群が不足しているのかもしれません。特にビタミンB2は、皮脂の分泌に大きく関わる栄養素。脂質の代謝を活発にし、皮脂の分泌をコントロールする働きがあります。ですから、ビタミンB2が不足すると、皮脂の分泌量が増えて大人ニキビができやすい肌状態に陥ってしまいます。

またビタミンB6は、肌が新しく生まれ変わる「ターンオーバー」を促します。不足すると、はがれ落ちるべき古い角質が肌表面にたまり、毛穴を詰まらせる原因になることも!

ビタミンB2は、レバーやうなぎなどの動物性食品、卵、納豆などに多く含まれています。ビタミンB6は、肉や魚のほか、バナナやナッツ類にも豊富に含まれます。大人ニキビにお悩みの大人女子は、まずこれらの食材からビタミンB群を積極的に摂ってみてはいかがでしょうか。

ビタミンA・Cも積極的に摂りましょう

大人ニキビ撃退に大切なビタミンは、B群だけではありません!ビタミンAは、タンオーバーのサイクルを正常化してくれる働きがあります。睡眠不足のときなどターンオーバーが遅れがちなので、忙しいときはより積極的に摂りたいですね。ビタミンAを豊富に含む、鶏のレバーやほうれん草をメニューに取り入れましょう。

また、美肌ビタミンとして知られているビタミンCは、大人ニキビができやすいときも頼りになる栄養素。優れた抗酸化作用で、炎症ニキビの原因となる活性酸素の働きを抑えてくれると言われています。またコラーゲン生成を促すので、ニキビ跡ケアも期待できますね!ブロッコリーなどの緑黄色野菜、柑橘類などをたっぷり食べることで、ビタミンCを補給できますよ。

美肌のために大切な栄養素は、ほかにもたくさんあります。いろいろな食材をバランスよく摂って、体の内からキレイになっちゃいましょう!

大人ニキビ改善のためのビタミンの摂り方とその他の対策

柏木さんの解説によると、大人ニキビの改善にはビタミンB群、ビタミンA、ビタミンCが大切とのことでした。

これらのビタミンを効率よく摂るためには、何をどのように食べたらいいのでしょうか?また、ビタミン以外の大人ニキビ対策には何をするべきなのでしょうか?

ビタミンB群で大人ニキビを改善しよう

大人ニキビといえばまずビタミンB群とのことでしたが、具体的にはどのようなメニューからビタミンB 群を摂ることができるのでしょうか。

ビタミンB群とは、

ビタミンB1
ビタミンB2
ナイアシン
パントテン酸
ビタミンB6
ビタミンB12
葉酸
ビオチン

以上の8種類をまとめてビタミンB群と呼んでいます。

ビタミンB群が多く含まれる食べ物

ビタミンB群はタンパク質が豊富な食べ物に含まれています。肉類や魚介類、大豆製品などを日頃から意識して摂るようにしましょう。

肉類

レバー(ビタミンB2・ナイアシン・ビタミンB6・ビタミンB12・葉酸・パントテン酸)
豚肉(ビタミンB1)
鶏胸肉(ナイアシン・ビタミンB6・パントテン酸)

魚介類

たらこ(ビタミンB1・ナイアシン・ビタミンB12・パントテン酸)
うなぎ(ビタミンB1・ビタミンB2)
マグロ(ナイアシン・ビタミンB6)
カツオ(ナイアシン・ビタミンB6)
イワシ(ナイアシン・ビタミンB6・ビタミンB12)
サバ(ナイアシン・ビタミンB6)
サンマ(ナイアシン・ビタミンB6・ビタミンB12)
ブリ(ナイアシン)
しじみ(ビタミンB12)
あさり(ビタミンB12)
牡蠣(ビタミンB12)

その他

大豆製品(ビタミンB1)
納豆(ビタミンB2・葉酸・パントテン酸)
卵(ビタミンB2・パントテン酸)
酒粕(ビタミンB6・葉酸)

ビタミンAにはどんな食べ物を摂ったらいい?

ビタミンAには、皮膚や粘膜の健康を保つ役割があります。大人ニキビで肌が荒れている時は、ビタミンAを摂ることで早く治しましょう!

ビタミンAは、レバーに多く含まれています。中でも、鶏レバーと豚レバーに含まれる量がダントツに多いです。レバーにはビタミンB群も豊富なので、肌荒れが気になる時は鶏レバーや豚レバーを積極的に選びましょう。

植物性の食べ物では、色の濃い緑黄色野菜に多く含まれています。ビタミンAは脂溶性ビタミンと呼ばれ、油と一緒に摂ることで吸収が高まるので、油で炒めて食べるとさらに効果的です。

ビタミンAが多く含まれる食べ物

動物性
レバー
うなぎ
ほたるいか

植物性
モロヘイヤ
にんじん
ほうれん草
春菊
かぼちゃ

ビタミンC補給の方法とは?

ビタミンCには抗酸化作用があります。さらに、コラーゲンの生成に関わるビタミンなので、美肌を作るためには欠かせないのです。ビタミンCはストレスによって消費されてしまうので、ストレスを感じている人は特に意識して摂りましょう。

ビタミンCは水溶性ビタミンなので、茹でると水に溶けだしてしまったり、加熱で壊れてしまいます。サラダなど生で食べられるものから摂るのがベストです。また、体からすぐに排出されてしまうため、1日数回に分けてこまめに摂るようにしましょう。

ビタミンCが多く含まれる食べ物

パプリカ
ピーマン
ゴーヤ
アセロラ
レモン
キウイフルーツ
いちご

ビタミン以外の、大人ニキビ対策で注意すべきこととは

栄養面では、以上のようなビタミンを意識して摂ることで大人ニキビや肌荒れを治していきましょう。大人ニキビを改善するためには、その他どのようなことに気をつければいいのでしょうか?

大人ニキビの大きな原因の中に、ホルモンバランスの乱れがあるとのことでしたね。ホルモンバランスは、ストレスを受けることによって乱れやすくなりますが、このストレスというのは環境の変化や生活習慣の乱れなども含まれます。

大人ニキビが気になるなら生活習慣の見直しを

大人ニキビに悩んでいるなら、自分の生活を今一度振り返ってみてください。生活習慣は乱れていませんか?寝不足、食事や栄養の偏り、ストレスはホルモンバランスの乱れにつながります。

質のいい睡眠を確保するためには、寝る前に一工夫してみましょう。
眠気は体温が下がるタイミングでやってきます。寝る1時間前あたりに入浴をすることでちょうど体温が下がり、よい眠りにつなげることができると言われています。

眠りを誘う物質であるメラトニンの分泌のためには、寝る直前に明るい光を見ないようにする必要があります。寝る1時間前あたりからは間接照明に切り替えるなどして、部屋を薄暗くしましょう。テレビやPC、スマートフォンの画面から出る光も侮れません。寝る前の使用は控えて、代わりに読書をしたり、美容のための時間にあててみてはいかがでしょうか。

またアロマの活用も、質のいい睡眠やストレスの緩和におすすめです。寝る前に、リラックス効果のあるラベンダーやオレンジ、ネロリなどのアロマを焚くことで、体が休まりやすくなります。日々の生活の中で、ストレスを完全になくすことは難しいですが、自分なりのリラックス方法を見つけましょう。

一度できると何度も繰り返す大人ニキビ。まずは生活習慣を見直し、ビタミンを積極的に摂ったり質のいい睡眠を確保することから始めて、大人ニキビのないきれいな肌を目指しましょう!

この記事をシェアする

執筆:柏木 亜衣

関連する記事